両国橋の親柱にある丸い物体は?

清洲橋を取材して以来、すっかり橋に魅了されてしまい…。最近では隅田川に架かる橋をすべて取材することを目論んでいます。

 

というわけで今回は、両国橋にやってきました。

 

 

<両国橋 概要>

所在地:東京都中央区東日本橋二~墨田区両国一

創架年(初めて架けられた年):1661年(寛永元年)

橋の長さ:164.5メートル

幅員(橋の幅):24メートル

現在の橋の着工:1930年2月

現在の橋の竣工:1932年11月

施工:石川島造船所、間組

 

 

橋脚の上に橋梁を載せただけの、驚くほどシンプルな橋に、驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

両国橋は、「3径間ゲルバー式鋼鈑桁橋」という構造なのですが、たわみにくい、不同沈下(建物が不揃いに沈下を起こすこと)というメリットがあります。

 

ゲルバー橋の構造

引用:

http://kentiku-kouzou.jp/struc-gerubabasi.html

 

 

構造に関しては、デザインよりも機能を優先させていますが、親柱やガードレールにはかなり凝ったデザインが施されています。

 

まず目を惹くのが、親柱です。

 

 

見た瞬間、宇宙服のヘルメットを連想してしまったのですが、調べてみたところ、この球体は地球儀だそうです。

となると、真ん中にある4本線は橋…でしょうか?地球の架け橋という意味で作られたのかもしれないですね。

 

ガードレールの端には、花火がデザインされています。

 

 

実は江戸時代、両国橋では、隅田川花火大会の起源となった両国花火が行われていました。

 

1733年(享保18年)に、悪疫退散祈願と犠牲者の霊を慰めるために行った水神祭の余興で打ち上げられた花火が年中行事となり、今に続く隅田川花火大会になったそうです。

参考:「両国の地名の由来-両国橋と花火大会」

https://edokara.tokyo/conts/2016/06/11/505

 

凝っているのは、ここだけではありません。

 

ガードレールの柱の上には、両国国技館の屋根がのっています。(下の写真のピンク色の枠の部分です)

 

 

ほら、実物と比べてみても、そっくりですよね?

 

引用:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E5%9B%BD%E5%9B%BD%E6%8A%80%E9%A4%A8

 

さらに、軍配(相撲の行司が持っているうちわ)もデザインされています。

 

 

大きな建造物はどうしても全体の形ばかりに目がいってしまいますが、こうして細かいところに目を向けるのも楽しいものですね。

渋谷スカイを堪能!

渋谷スカイの最上階、屋上にあるSKY STAGEには、まだまだみどころがたくさんあります。

 

東京タワー(高さ333メートル)より301メートル高い、スカイツリー。

 

 

こちらは、以前のブログ記事でご紹介した、「PARK COAT SHIBUYA THE TOWER(パーク・コート・渋谷・ザ・タワー)」。

 

 

真四角の建物が多い中、天に向かって広がる構造は、とても目立ちますね。

 

超高層ビルの屋上にあるヘリポートが見られるなんて、ヘリコプターに乗るか、渋谷スカイでしか見られないのではないでしょうか。

 

 

建設現場やクレーンを真上から眺められるのも、建設好きには嬉しいポイント。

 

 

 

大きな建設現場は、地上230メートルの高さから見ても大きく見えるものなんですね。写真の右側は地面をならしているところ、左側は鉄の敷板(敷鉄板)が敷かれているのまで、はっきり見えます。

 

ゆっくりと景色を眺められるスペースも、たくさんあります。

 

ヘリポートの真ん中に立って、くるりと一回りすれば、全方位を一気に見ることができます。

 

 

カップルなら、ソファ席もおすすめ。

 

 

飲食禁止なので、お酒を飲んだり、食事をしたりはできませんが、ここから眺める夜景はきっと、最高にロマンチックなはずです。

 

3日間にわたり、渋谷スカイをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

有名なランドマークから建設現場まで、東京中の建物が一度に見れる渋谷スカイは、建設好きのみなさんにおすすめです!ぜひ一度、足を運んでみてくださいね。

寝そべって、渋谷の空を眺めてみよう

昨日のブログ記事の続きで、渋谷スカイの屋上にある展望施設に向かいます。ちなみに、展望施設は天井がありません。そのため、荷物が飛ばされたり、落としてしまわないよう、46階でコインロッカーに預けます。

 

 

ちなみにコインロッカーのコイン投入口は扉の中についているので、省スペースで設置できる上に、見た目もすっきりとしていてきれいです。

(こういうところが気になってしまうのも、建設好きの性なんでしょうね)

 

持って行っていいのは、スマホなど撮影道具だけ。かばんもロッカーの中に入れておきます。

 

 

エスカレーター(または階段)をのぼった先には、

 

 

すばらしい景色が広がっています。

 

とはいえ、ここは地上230メートルの高さ。10名ほどの警備員さんがいますが、強風が吹くこともあるので、みなさんも十分に気をつけてくださいね。

 

 

それでは、景色を楽しみましょう。

まずは、富士山。無数の超高層ビルの背景に富士山があるというのは、おもしろい眺めですね。

 

 

続いては、東京タワー。周りにビルがあることで、その高さが際立ちます。

 

 

屋上のSKY STAGEには、景色を楽しむための工夫がいくつかされており、そのひとつが、こちらのクラウドハンモックです。

 

他の超高層ビルや展望施設と違って、屋外だからこそできる、渋谷スカイならではの演出です。

 

 

説明には、「雲に寝そべり、未来を想像する。」と書かれています。寝そべって空を見上げてみると…、

 

 

雲ひとつない、青い空。

眺めていると、自然と未来や夢が目に浮かんでワクワクしてきます。悩みや不安、迷いもいつのまにか消えてしまうから、不思議なものです。

 

すっきりしたところで、お散歩再開!明日もSKY STAGEからの眺めをお届けします。

心を解放する!?SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)のSKY GATE

2019年11月にオープンした、渋谷スクラブルスクエア。このブログ記事でも、竣工直後の9月にご紹介させていただきました

 

ですがその後、骨折をしてしまい…屋上展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」になかなか行けずにいたのですが、ついにやってきました!

 

 

<渋谷スクランブルスクエア概要>

所在地:東京都渋谷区渋谷2-24-12

階数:地下7階、地上47階

高さ:229.7メートル

着工:2014年6月

竣工:2019年8月(東棟のみ、中央棟・西棟は2027年竣工予定)

設計:日建設計、東急設計コンサルタント、JR東日本建築設計、メトロ開発

施工:東急建設、大成建設

 

建物は東京メトロ渋谷駅のB6出口直結で、渋谷スカイへは1階からエレベーターで一気に14階に向かいます。

 

 

エレベーターのガラスは薄い水色になっていて、まるで天に昇っていくような感覚です。

 

 

ちなみに朝9時入場の場合、エレベーターが動き始めるのは15分前の8時45分前後なので、お気をつけくださいね。

 

14階にはチケットカウンターがあり、そこからさらに、45階に向かいます。

 

エレベーターを待っている間にも外の景色を眺められるのですが、真下にはスクランブルスクエア(交差点)があり、

 

 

セルリアンタワー(高さ184メートル)も、こんなにきれいに撮れます。

 

 

さて、いよいよエレベーターに乗ります。

 

渋谷スカイの14階〜45階の移動空間「SKY GATE」は感性をひらく路と呼ばれているのですが、いったいどういうことなのでしょうか?

 

真っ暗な箱に乗り込んで動き出した瞬間、上から無数の光が降ってきます。

光の変化を撮影してきましたので、みなさんも一緒にお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

次から次へと変化する光で、ドキドキや緊張感が高まります。

 

エレベーターを降りたあとは、暗くて細いエスカレーターをのぼります。

写真だと遠くに光が見えているのですが、実際にのぼってみると、前の人が影になって、ほとんど真っ暗な状態です。

 

 

エスカレーターを降りると、パッと目の前が開け、明るい空間が広がっています。

 

 

この光景を見たときの、安心感と開放感といったら!ホームページには「解放へと人々を導く光のライン。」と書いてあるのですが、まさにその通り。驚くような体験でした。

 

明日のブログ記事では、屋上の「SKY STAGE」をたっぷりとご紹介いたします!

空港ならではのユニークな設備を集めてみました!

昨日の予告通り、空港ならではのユニークな設備を取り上げていきたいと思います。

 

まずは、パッキングエリア。

 

 

スーツケースの荷物を詰めなおしたり、整理する場所で、下にある台はかなり大きめのスーツケースを広げても十分な広さがあります。

 

コインロッカーも、スーツケースがそのまま入れられるサイズのものがたくさん用意されています。

 

 

授乳室やベビールームはどの施設でも珍しくなくなりましたが、成田空港にあるベビールームは広さも設備も最高レベル。

※注:成田空港のベビールームは女性しか入れません

 

広々とした室内に、

 

 

大きめのベビーベットが2つ。

 

 

さらに、哺乳瓶でミルクをつくるときに必要な浄水給湯器まで備え付けられているんです。

 

 

フライト前や乗り換えなどで長時間過ごすことも多い空港では、たしかに必要な設備ですよね。

 

最後は、こちらの自動販売機。

正面から見ると、ふつうの自販機に見えるのですが、

 

 

横から見ると…、

 

 

缶の形をしているんです!

これだけ巨大な自販機を街中には置けないので、これも空港ならでは、ですよね?

 

こちらは第1旅客ターミナルビルの北ウイングの奥(窓際)にありますので、お立ち寄りの際は、ぜひ、ご覧ください。

 

3日間に渡ってお届けいたしました成田空港第1旅客ターミナルビルのお散歩は、いかがでしたでしょうか?

第2、第3旅客ターミナルビルについては、また機会を改めて調査してみたいと思います。

観覧者に優しい!成田空港の展望デッキ

本日の記事は、空港のお散歩でのメインイベント、展望デッキをご紹介したいと思います。

 

晴れているとはいえ、気温は3度。しかも早朝ということもあって、展望デッキにいる人はまばらです。

 

 

これだけ空いていると、飛行機も建物も、見放題&撮り放題!

 

早速、飛行機を撮影しようと思って柵に向かうと…あれ?なんか普通の柵と違うものがあります。

 

 

上の写真のオレンジで囲った部分、何が違うかおわかりになりますでしょうか?

 

そうなんです!右側の写真の柵が一部分だけ大きく開いていて、飛行場や飛行機が見やすくなっているんです。

 

大きく開いた部分にカメラのレンズを合わせて撮影すると、

 

 

ほら、このとおり!

柵の入っていない、きれいな写真を撮ることができます。

 

たしか羽田空港の展望デッキでは、こんな仕掛けはなかったはず。観覧者に配慮した、素敵な工夫ですよね。

 

それでは、展望デッキから撮影した飛行機を、ご覧ください!

 

ボーディング・ブリッジが連結された飛行機。大韓航空の機体は、水色がとてもきれいですね。

 

 

撮影をしているときに、ちょうど旋回してきた全日空(ANA)の機体。

ターミナルに向かってきて…、

 

 

ギリギリのところで速度を落として、

 

 

見事なUターン!!

 

 

建設好きだからなのか、建物じゃなくても、大きいものを見るとワクワクしてしまうんですよね。

 

さて、続いてはターミナルビルに戻って、空港ならではのユニークな設備を探しにいきたいと思います!明日のブログ記事もお楽しみに!

巨大な飛行機が間近で見られる!成田空港第1旅客ターミナルビルの穴場スポット

東京では冬晴れが続いていて、毎日がお散歩日和。今日は、成田空港にやってきました!

 

成田空港には第1、第2、第3と3つの旅客ターミナルがありますが、今回のブログ記事では第1旅客ターミナルをご紹介したいと思います。

 

引用:

https://www.azusasekkei.co.jp/work/view/261

 

第1旅客ターミナルビルは、1978年の成田空港開港当初からあるビルです。1993年には中央ビルと北ウイング、2006年には南ウイングの大幅改修工事を行なっており、2018年にはバリューアップ(内装)工事も始まっています(2020年3月完成予定)。

 

建物でまず目に飛び込んでくるのが、工場のような天井です。

 

 

羽田空港国際線旅客ターミナルビルの「空」をイメージさせる天井とは違い、こういう無機質でゴツゴツした感じもいいものですね。(建設好きや機械好きのみなさんは、こういう感じが好きな方も多いのではないでしょうか?)

 

羽田空港国際線旅客ターミナルビル

引用:

http://www.jma.co.jp/jp/projects/new-haneda-airport-international-passenger-terminal/

 

北ウイング、南ウイングとも内装はほとんど同じなのですが、どちらかを選ぶなら、断然、南ウイングがおすすめです。

 

出発ロビー(4階)の一番奥に前面ガラスの壁面があり、ここから飛行機を眺めることができるんです。

 

 

夏は涼しく冬はあたたかい快適な環境で飛行機を間近で見られる。最高に贅沢な場所です。

 

 

入り口から見て左手の奥、下のフロアマップの四角で囲った部分が「穴場スポット」になります。

 

 

さらに、この場所の左手に階段があって、上に上がれるようになっているのですが、登ってみると…。

 

なんと、南ウイングを一望できるんです!

立ち入り禁止のエリアではなく、一般の人も自由に登れる場所なので、こちらもぜひ、行ってみてくださいね。

 

 

空港といえば展望デッキですが、ちょっと長くなってしまいそうなので、こちらは明日のブログ記事でたっぷりとご紹介したいと思います。

あの建物・建設現場はどうなった?萬年橋と清洲橋

昨日の続きで清洲橋…の前に、萬年橋から見える清洲橋をご紹介したいと思います。

 

 

萬年橋は隅田川の支流、小名木川にかかる橋で、つくられた年は定かではありませんが、1680年(延宝8年)の江戸地図にはすでい記載があるそうです。

 

当時は、川を船が行き来できるように橋脚が高くつくられており、「虹の橋」として人々から愛されていたのだとか。

なお、現在の橋は、関東大震災後の1930年(昭和5年)に架け替えられたものです。

 

実は、萬年橋のたもとから見る清洲橋は「ケルンの眺め」と呼ばれていて、もっとも美しく見える角度なんだそうです。

 

こちらが萬年橋から見た清洲橋なのですが、いかがでしょうか?

 

 

背景のビルと橋のアーチが見事にマッチしていて、たしかに素晴らしい眺めです!

 

ケルンの眺めを堪能したら、いよいよ清洲橋へ。

橋の下を通ると、裏側まで完璧に塗装されているのが見られます。

 

 

こちらが、横から見た清洲橋。塗装工事から2ヶ月もたっていないので、汚れも錆もなく、ピカピカです。

 

 

ヨーロッパを思わせる街灯も素敵ですね。

 

 

吊り橋によく使われるケーブルを模したデザインを「かわいい!」と思ってしまうのは、私が建設好きだからでしょうか。

 

 

上下はネジのような形になっていて、細部にまでこだわっているのがわかります。

 

 

もう一枚、反対側から清洲橋を撮って、本日のお散歩は終了!

 

 

青空と青い清洲橋で、「青」づくしの記事になってしまいましたが、楽しんでいただけましたでしょうか?

 

リニューアルされたばかりの清洲橋、ぜひみなさんも、行ってみてくださいね。

あの建物・建設現場はどうなった?塗装工事が終わった清洲橋

半年前のブログ記事「清洲橋は、ただいま工事中」でお伝えした、清洲橋が照明と塗装工事が終わったとのことで、やってきました!

 

まずは、お隣の新大橋から見える清洲橋。

 

 

足場や防護シートが取り外され、優美な下垂曲線が見えます。せっかくなので、隅田川沿いの「隅田川テラス」をお散歩しながら、清洲橋に向かいます。

 

 

隅田川テラスとは、堤防を補強する護岸基礎を親水施設として開放したエリアで、全長約28kmあります。

 

引用:

https://www.tokyo-park.or.jp/mizube/sumidagawa/detail.html

 

きらきらと輝く水面と清洲橋を眺めながらするお散歩は、格別です。都会の超高層ビルの間を縫って歩くのも好きですが、こうして自然を感じながらお散歩するのは、やはりいいものですね。

 

 

隅田川テラスには、200〜300mごとにベンチがあって、ピクニックをするにもぴったり。

 

 

今年は暖冬だからなのか、もう菜の花が満開でした。

 

 

隅田川テラスから新大橋を撮ってみると…

 

 

いやぁ、絶景ですね!青とオレンジのコントラストが素晴らしいです。

反対を向いて、清洲橋もパシャり。

 

 

きれいなスカイブルーの橋は、まるで青空から生まれてきたみたいに見えます。

 

「ひと休みしようかな…」と思って、ふと隅田川の方を見ると、小鳥さんもお休み中のご様子。私と同じように、新大橋と隅田川を交互に見ているような姿がかわいくて、思わず撮ってしまいました。

 

 

さあ、いよいよ清洲橋が間近に見えてきました。

明日のブログ記事では、リニューアルした清洲橋の魅力をたっぷりとお届けしますので、お楽しみに!

東郷神社で超レアアイテムをゲット!

表参道のお散歩、最後の目的地は東郷(とうごう)神社です。

昨日のブログ記事でご紹介した、セコム本社ビルの手前にある道を入ると、東郷神社と東郷会館が見えてきます。

 

 

東郷神社は、日露戦争の英雄である東郷平八郎をまつる神社で、「至誠(まごころ)」「勝利」「強運」「縁結び」の神様として崇敬を集めています。

 

境内には美しい池と森があります。

 

 

背景に超高層ビルをいれて撮った一枚は、建設大好きな私のお気に入りです。

 

 

小さな橋を渡り、石段を上がると、

 

 

東郷神社の本殿に到着。

 

 

受験シーズンだからでしょうか?朝8時だというのに、学生さんや親子連れの参拝客もちらほら見かけます。

 

 

ところで、上の写真の左側に、少し派手な柄の旗があるのが見えますでしょうか。

 

 

これが有名なZ旗です。

120 年前の日露戦争で、日本は当時、世界最強と呼ばれていたロシアのバルチック艦隊と戦いました。その際に東郷平八郎海軍大将率いる連合艦隊が掲げていたのが、この旗です。

 

連合艦隊は見事勝利し、日本を救いました。このことから、Z旗は勝利のシンボルとして人々に愛されるようになったというわけです。

 

東郷神社で授与している「勝守」(強運守り)というお守りには、このZ旗が刺繍されているのですが…。

 

実はこのお守り、月1回(毎月1日)と特定日にしか配布をしていない、超レアアイテムなんです!

 

 

このことを知らずに、ふらっと立ち寄ってみた私は、もしかすると超強運体質なのかも!?新年からいいこと続きで、今年はさらに幸運が訪れそうな予感にワクワクしています。