世界最大のブルドーザー、KOMATSU D575A

昨日のブログ記事で予告した通り、世界最大のブルドーザーをご紹介します。

 

それがこちら!コマツの「D575A」です。

 

引用:

https://golden-zipangu.jp/japan-big0828

 

引用:

http://www.komatsu-kenki.co.jp/products/bulldozer/D575A-3.html

 

機械質量:131.35トン

全長:12.09メートル

全幅:5.88メートル

全高:4.88メートル

 

一般的な路線バス(全幅2.5メートル)の倍以上の幅があり、重量(質量)は10倍以上にもなります。

 

あまりにも巨大なため、移動・運搬するときは分解するのだとか。分解と組み立てだけでもかなりの時間がかかりそうですよね。いつかこの目で見てみたいものです。

 

コマツといえば、最先端のICT技術を使った建設機械を開発していることでも有名です。

 

建設機械、重機といえば、複雑なレバー操作を覚えたり感覚を掴むのに10年はかかるといわれていますが、コマツのICTブルドーザーなら、タブレットのタッチパネルで操作が可能。運転席に座る必要すらないんです。

 

この自動運転は鹿島建設が進めている「A4CSEL」(*)によって実現。リモコンで操作をするのではなく、ボタン一つで指示を出すだけであとは機械が自動で運転や作業をしてくれます。

 

*A4CSEL(クワッドアクセル) =Automated / Autonomous / Advanced / Accelerated Construction system for Safety , Efficiency , and Liability

 

引用:

https://www.kajima.co.jp/tech/c_ict/automation/index.html#!body_01

 

この技術があらゆる建設機械で応用できれば、現場の作業負担は減りますし、より安全に作業することもできるようになります。いったい未来の建設現場はどのようになるのでしょうか。楽しみですね。

 

 

土を平らにするだけじゃない!ブルドーザーの役割

建設現場に欠かせないブルドーザー。よく見かけるもののきちんと調べたことがなく…。というわけで今回は、ブルドーザーについて徹底調査してみました!

 

引用:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC

 

ブルドーザーといえば、土を平らにする(ならす)ものだと思っていたのですが、そのほかにも、削る、押すといった作業をすることができます。

 

さらに、土工板(上の写真の銀色の部分、ドーザまたはブレードともいいます)やトラクタ部分の後ろにアタッチメントを取り付けることで、もっといろいろなことができるのだとか。

 

<代表的なアタッチメント>

・パワーアングルチルトドーザ

左右に向きを変えられるブレード。押し出した土を左右どちらにも流すことができる。

 

・ストレートドーザ

1回で押し出せる量が多いブレード。頑丈な地面に向いている。

 

・Uドーザ

容量を大きくするために、Uから見てU字型にしたブレード。

 

・レーキドーザ

大きい岩石だけを押し出しやすいように前面がスケルトンになっている。

 

・リッパ

「爪」のようなアタッチメントで、後部に取り付けて岩石を掘り出します。

 

これはもう、土地をきれいに整える万能機械と言えるのではないでしょうか。

 

続いて、ブルドーザーの大きさを見ていきたいと思います。

 

引用:

http://www.komatsu-rental.co.jp/rental/lineup/bulldozer/

 

*以下は、建設機械の世界シェア第2位、日本シェア第1位のコマツのブルドーザーの例です

 

機械質量:19.25トン

全長:5.48メートル

全幅:3.86メートル

全高:3.34メートル

 

敷き鉄板や強化したプラスチック敷板なら問題ありませんが、コンパネ合板は割れてしまい、ゴムマットでも土地によっては沈んでしまう可能性があります。

 

乗用車の重さが1トン〜2トン程度なので、かなりの大きさであることがわかると思います。(小型のブルドーザーでも4トンくらいあるそうです)

 

ですが、驚くのはまだ早い!実はもっと大きなブルドーザーがあるんです。詳しくは明日のブログ記事でご紹介いたしますので、ぜひご覧ください!

職人さん大図鑑① 建設現場の切り込み隊長!?「ボーリング工」

外出自粛でお散歩ができない今が、調べ物や勉強をするチャンス!というわけで、建設現場で活躍する職人さんについて調べてみたいと思います。

 

まずは、建設現場の工事の流れやどんな職人さんがいるのかを調べるため、こちらの本を購入しました。

 

『施工がわかる イラスト建築生産入門(彰国社)』

 

イラストがたくさん載っていて、私のような素人にもわかりやすい言葉で説明してあります。

 

ではさっそく、建設の流れについてまとめておきたいと思います。

 

▼着工

▼準備工事

・地盤・敷地調査工事

・仮設工事(仮設足場)

・仮設工事(測量)

▼山留め工事

▼杭工事

▼土工事(採掘工事)

▼地下躯体工事

・型枠工事

・鉄筋工事

・コンクリート工事

▼地上躯体工事

・鉄筋工事

▼外装仕上工事

・防水工事

・カーテンウォール工事

・石工事

・左官工事

・タイル工事

▼内装仕上工事

・建具工事

・ガラス工事

・塗装工事

・軽量鉄骨下地・内装・ALC工事

▼設備工事

・電気設備工事

・空気調和設備工事

・給排水衛生設備工事

・昇降機設備工事・機械式駐車設備工事

・防災設備工事

▼外堀工事

▼試運転・調整

▼検査

▼竣工

 

ひととおり流れがわかったところで、今日は準備工事のひとつである「地盤・敷地調査工事」を行うボーリング工について調べてみたいと思います。

 

●ボーリング工事とは?

大地に円筒状の穴をあける作業のことで、細長い筒状の採掘機器を使って行います。

 

引用:

https://www.hokuden-earth.co.jp/construct/boring/

 

●ボーリング工事はなんのためにする?

建物などの構造物を支えるにはしっかりとした地盤が必要です。そこでボーリング工事を行い、

 

・建物を建てる予定の土地の地盤が強固なものであるかどうか

・どんな基礎工事をすればいいのか

・基礎杭は何メートルのところに打てばいいのか

 

などを調べます。

 

つまり、ボーリング工事をすることで、地盤沈下して建物が傾いたり歪んだりすることを防げるというわけですね。

 

●ボーリング工事の方法

地面に円筒状の穴をあけ、1メートルごとにN値を測ります。N値は地盤の硬さを示す値で、高ければ高いほど地盤が強固だということになります。最終的には「支持層」と呼ばれる硬い地盤まで調査を行います。

 

ちなみにN値50〜60以上が5メートル以上続けば、支持層とみて間違いないそうです。(ねんどなどの粘性土は20〜30以上を基準とすることもあるそうです)

 

このボーリング工事を行うのが、ボーリング工。建設現場で一番最初に地面に穴をあける「切り込み隊長」といったところでしょうか。穴をあけるときにどんな気持ちになるのか、ぜひとも聞いてみたいものですね。

家のこと、調べてみよう!①階段

家にいる時間が長くなると、ふと自宅の建物が気になってしまう…これも建設好きの性でしょうか。

 

というわけで、外出ができないこの機会に家のことについていろいろと調べてみたいと思います。

 

第1回目のテーマは、階段です。

 

家、駅、ビル、街…階段はいろいろなところにありますが、上りやすい階段と上りにくい階段があると思いませんか?

そこで上りやすい階段とはどんな階段なのか? 調べてみました!

 

まずは自宅の階段のサイズを測ってみます。

 

 

蹴上げ(1段の高さ):20cm *下の写真の青色の部分

踏み面(1段の奥行き):20cm *下の写真のピンク色の部分

 

 

実は階段の1段ごとのサイズは、建築基準法で決まっています。

 

蹴上げ:23cm以下

踏み面:15cm以上

 

しかし、最低ライン通りに階段をつくると、足を直角に近い形で上げることになり、着地した足の1/3以上が地面についていないことになってしまいます。

 

さすがにこれでは上がりづらい…ということで、一般的には以下のサイズでつくられていることが多いようです。

 

蹴上げ:18〜20cm

踏み面:20〜22cm

 

自宅の階段はこの範囲に収まるサイズなので、まあまあ上りやすい階段の部類に入るようです。

 

では、上りやすい階段というのは、どのような階段なのでしょうか?

ここまで読んでいただいたみなさんなら、きっともうおわかりですね。「足を高く上げる必要がなく、足がしっかりと地面につく」階段なら、子どもやお年寄りでも楽に上れます。

 

ちなみに、たくさんの人が利用する駅の階段は蹴上げ16cm以下、踏み面30cm以上と決まっています。これもユニバーサルデザインのひとつですね。

 

 

ただし、この階段にはひとつだけ弱点があります。高さを低くして踏み面を広くすると…そう、場所をとってしまうんです。なので、家の階段では踊り場を作って角度(方向)を変えたりなどして場所を確保するのだそうです。

 

こうやって一つひとつ、疑問を解決していくのはとてもおもしろいものですね。今後も、壁や天井、トイレ、浴室など家の中のいろんな場所を「建設好き」の視点で紹介していきますので、ぜひ、お楽しみに!

仮囲いはなぜ倒れない?仮囲いの設置方法

昨日に続き、仮囲いについてさらに調査を進めたいと思います!

 

仮囲いの役割、種類、工事価格がわかったら、次に気になるのは設置(工事)方法。調べてみたところ、3つの方法があるようです。

 

・パイプ・クランプ式

いちばんシンプルで、一般的な方法です。単管パイプを地中に打ち込み、横に単管パイプを組み合わせて仮囲いのパネルを取り付けます。パイプの柱だけだと風で倒れてしまうため、控え材のパイプで補強をします。

 

パイプを地中に埋める必要があるため、土、砂利、アスファルト以外の場所では使えません。

 

引用:

https://www.y-hozen.or.jp/hozenmanage/wp-content/uploads/2014/07/f5d5f7479794fe596c5e154703ad43c3.pdf

 

・H形鋼2列据置式

コンクリートやタイルなど杭打ちや掘削ができない場所で設置する方法です。地面にH鋼(ローマ字の「H」の形をした鋼材)などの鋼材を2列に並べ、その上にパイプとパネルを設置していきます。

 

引用:

http://www.suzutoh.co.jp/setup/h_kou.html

 

・H形鋼支柱杭式

控え材を設置するスペースがない場合に使われる方法です。H鋼を地中に埋めて支柱とし、H鋼に直にパネルを設置していきます。

 

引用:

https://ssl.motec-co.jp/service/cat6/post-5.html

 

今回の調査で、仮囲いの謎はすっきり解決!これからも新しい&珍しい仮囲いをどんどん紹介していきますので、ご期待ください。

建設現場に欠かせない!仮囲いの役割

先週のブログ記事で予告した通り、今日は仮囲いについて調べてみました!

 

引用:

https://www.nihonsafety.com/products/adflat-white/

 

仮囲いは建築基準法施行令第136条2の20で、

 

・木造の建築物で高さが13メートル以上、または、軒の高さが9メートル以上

・木造以外の建築物で2階以上の階数がある

 

上記いずれかの条件に当てはまる建物の建築、修繕、模様替え、解体工事をする場合、高さ1.8メートル以上の仮囲いを設けなければならないとされています。

 

仮囲いを設置する理由は、以下の4つ。

 

1.関係者以外の立ち入りを防ぐ

2工事の騒音を減らす

3.粉塵や資材などが、現場の中から外に出ることを防ぐ

4.現場周辺の景観を保つ

 

主に、近隣の住民を守ることが仮囲いの役割です。

 

■仮囲いの種類

仮囲いは仮設資材のひとつです。仮設資材とは建設現場の安全を守るためのもので、敷板や防塵ネット、足場などたくさんの種類があります。

 

仮囲いは主に2つの種類があります。

 

・安全鋼板

昔からあるタイプの仮囲いで、亜鉛メッキやガルバリウムといった金属でできています。

 

引用:

https://mikuni1118.co.jp/publics/index/25/detail=1/b_id=106/r_id=140/

 

・フラットパネル

その名の通り、表面がフラットになっている仮囲いです。凹凸がないので安全性が高く、写真のようにイラストを描いたりすることもできます。東京都内の建設現場ではこちらのタイプが増えてきているように感じます。

 

引用:

http://www.yaf.or.jp/news/2011/08/mm2134.php

 

ちなみに仮囲いの工事価格は、

・安全鋼板:2,500円〜(1mあたり)

・フラットパネル:6,500円〜(1mあたり)

が相場のようです。

 

実は、私が見たことがあるのはフラットパネルばかりで、安全鋼板は見たことがありません。住宅地や都心では見られないものなのでしょうか…。いつか絶対に見られることを信じて、これからも建設現場の探検を続けたいと思います!

仮囲いの新しい使い方!?

※この記事は、緊急事態宣言以前に取材した内容を元に執筆しています

 

ふだんあまり通らない道を歩くと、なにかしら新しい発見があるものです。今日、やってきたのは柏駅東口。駅から徒歩5分くらいの場所で、タワークレーンを発見!

 

 

タワークレーンの大きさから見て、かなり大規模な建設現場のようです。

 

何の建設現場なのかを調べるまでもなく、仮囲いにしっかりと書かれていました。どうやらホテルを建設中のようです。

 

 

さらに、スタッフの求人まで!こんな仮囲い、初めて見ました。

 

 

でも、たしかにこの方法なら、コストを抑えられますし、近くの人が応募してくれそうです。

 

仮囲いがあるということは、中の様子は見れないだろうなあ…と、あまり期待していなかったのですが、運良く、入り口部分が全開になっています。

 

 

工程表に「スラブ型枠」と書かれていて、敷板が敷かれているということは、ちょうど基礎工事が終わった段階でしょうか。それにしても、分厚い敷板ですね。ちょっとびっくりしました。

 

 

建設現場の中が見られるという思わぬ幸運に喜んでいたのですが、ここでふと気づいたことが…そういえば、仮囲いについてきちんと調べたことがなかったんです。

 

珍しい仮囲いについては、このブログでも何度もご紹介してきたのですが、仮囲いをする目的や種類についてはまったく触れていませんでした。建設好きとして、恥ずかしいかぎりです。

 

というわけで、来週は仮囲いについて調べてみたいと思います!

日本一の大鳥居

※この記事は、緊急事態宣言以前に取材した内容を元に執筆しています

 

明治神宮の探検、第2弾では本殿をご紹介します。奉納された酒樽が並んだ通りを抜けて左に曲がります。すると、入り口にあったのよりも、もっと巨大な鳥居が出現!

 

こちらが大きさ日本一の大鳥居です。

 

 

<大鳥居 概要>

名称:明神(みょうじん)鳥居

完成:1920年(大正9年)

※1975年(昭和50年12月23日に建て替え成功)

原木:台湾丹大(たんだい)山、樹齢1,500年のヒノキ

高さ:12メートル

柱と柱の間:9.1メートル

柱の径:1.2メートル

笠木の長さ:17メートル

鳥木の長さ:15.5メートル

 

*笠木は鳥居の一番上に屋根のようについた木で、鳥木はその下の部分になります。

 

それにしても高さ12メートルとは!マンションだと3〜4階くらいの高さになります。こんな巨大なものを、現代のような建設機械がない時代につくったなんて、人間の力ってほんとにすごいですよね。

 

さあ、いよいよ本殿に到着です!

 

小ぶりな鳥居の奥にあるのは客殿(客を接待するために造られた建物)。

 

 

正面には大きな門がそびえ立っています。

 

 

門の扉には、かわいいハートマーク。

 

 

以前、増上寺で見つけたハートマークといい、お寺や神社とハートマークにはなにか関連性があるのでしょうか(もしかしたら建設資材に理由があるのかもしれませんが)。

 

門をくぐると、ぱっと視界が開けて大きな広場に出ます。この奥にあるのが本殿です。

 

 

本殿に近い場所での撮影は禁止されているため、撮影はここまで。賽銭箱の前で拝礼をすると、自然と穏やかな気持ちになってくるから不思議なものですね。

 

 

4日間にわたってお届けしてきた原宿/明治神宮の探検は、いかがでしたでしょうか?木々に囲まれた明治神宮内は、夏にお散歩するのにも気持ち良さそうです。ぜひ行ってみてくださいね。

10万本の木が植えられている人口の森@明治神宮

※この記事は、緊急事態宣言以前に取材した内容を元に執筆しています

 

原宿駅西口を出て、徒歩30秒。目の前に巨大な大鳥居が現れます。

 

 

大鳥居をくぐって、さっそく探検開始!

本殿まで行って、ぐるっと回るコースです。(下のイラストのオレンジの枠の部分です)

 

引用:

https://www.meijijingu.or.jp/guide/

 

<明治神宮 概要>

所在地:東京都渋谷区代々木神園町1-1

敷地面積:83,000平方メートル

御祭神:明治天皇、昭憲皇太后(明治天皇の皇后)

 

大鳥居を抜けると、木々に囲まれた広い道がまっすぐに続いています。

 

 

まるで森みたい…と思ったのですが、実はこの木は人工林とのこと。明治神宮の創建にあたり全国から献木された約10万本が植栽されたそうです。

 

 

5分ほど歩くと、右手に建物が見えてきます。

 

 

鎮座百年祭記念事業の一環としてつくられた「明治神宮ミュージアム」です。

設計は日本を代表する建築家・隈研吾さん。

 

このブログ記事でもたびたび隈研吾さんが設計を手掛けた建物を取り上げていますが、周りの風景に溶け込むようなデザインは心をほっと和ませてくれますよね。

 

さらに本殿に向かってまっすぐ進みます。すると…

 

 

 

右手に日本酒、左手にぶどう酒(ワイン)の酒樽がずらり!すべて明治神宮に奉納されたものだそうです。

 

明治神宮には年末年始の参拝でしか来たことがなかったのすが、こんなにもおもしろいものがたくさんあるなんて…もっと早く来るべきでした。

いよいよ明日は本殿をご紹介いたします!お楽しみに!

 

 

原宿駅・新駅舎のコンセプトは「主張しすぎないベージュ」

※この記事は、緊急事態宣言以前に取材した内容を元に執筆しています

 

昨日のブログ記事で予告したとおり、今日は原宿駅の外観をご紹介したいと思います。

 

東口を出て、ほぼ正面から撮影した駅舎です。

 

 

<原宿駅 新駅舎 概要>

所在地:東京都渋谷区神宮前1-18-20

敷地面積:1,684平方メートル

階数:2階

高さ:19.8メートル

着工:2017年2月

設計:ジェイアール東日本建築設計事務所、ジェイアール東日本コンサルタンツなど

施工:鉄建建設

 

明治神宮や代々木体育館と調和するよう「主張しすぎないベージュ」を基調としたデザインをコンセプトにつくられたそうです。

 

 

新駅舎と旧駅舎のコラボレーションが見られるのは、あと2年だけ!意外とマッチしていると思ってしまうのは、私が建設好きだからでしょうか。

 

 

続いて、原宿駅の目の前に新しくオープンする商業施設、「WITH HARAJUKU(ウイズ原宿)」に向かいます。

 

木とガラスがたくさん使われた外壁は、緑の多い原宿周辺の景色とみごとに調和しています。

 

 

建築資材もほとんどなく、あとはオープンを待つばかり。

 

 

「独自のカルチャーを発信するたまり場」がコンセプトということなのですが、建物の中はどのようになっているのでしょうか。開業が楽しみですね。

 

ここで一度、原宿駅に戻って、今度は西口に向かいます。

 

 

西口は明治神宮への最短ルート。階段を降りると目の前に鳥居が見えます。

 

ちなみに、西口出口の外観はこちら。

東口(正面)とは違い、緑が多く使われているのが特徴です。

 

 

この横断歩道を渡れば、明治神宮に到着!

明日は、明治神宮内をお散歩してみたいと思います。