駅のホームにバス停の記号!?

今週のブログ記事はここまで、すべて新しくなった渋谷駅の話題でした。というわけで、金曜日の今日も「駅」に関する豆知識をご紹介したいと思います。

 

まずは、こちらの標識をご覧ください。ホームの頭上にある標識です。

 

 

一番最初に頭に思い浮かんだのが、バス停の地図記号。

 

 

そっくりですよね?

 

とはいっても、駅のホームにある以上、バス停の標識でないことはたしかです。

そこで調べてみると、正式名称は「軌道回路境界位置目標」だということがわかりました。

 

なんだか小難しい名前ですが、いったいどんな目的で設置されているのでしょうか?

 

さらに調べを進めたところ、「電車がオーバーランしてしまった場合に、一番後ろの車両がこの標識より前に行ってしまったら、後退できない」ラインを示す標識とのこと。

 

このラインを超えると、車掌さんの判断で電車を後退させることはできず、運転指令に連絡をして後続列車を止める手続きをする必要があります。

つまり、「軌道回路境界位置目標(信号機マーク)」は後続列車が追突しないようにするための標識というわけですね。

 

今回の疑問はすっきり解決!したのですが、駅の標識を調べているうちに、駅の標識がたくさん掲載されたページを発見しました。

 

鉄道標識・サイン

http://www.hoan-supply.co.jp/pdf/product_tetsudo.pdf

 

見たことのない標識もたくさんあるので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

出会える確率は5%!銀座線1000系の特別仕様車

昨日までのブログ記事で、東京メトロ銀座線渋谷駅の新駅舎をご紹介してきましたが、実は渋谷駅でもうひとつ、ものすごい幸運に恵まれたんです。

 

右と左の車両の違いがわかりますでしょうか?

 

 

車両の内部を見ると、右が白、左はオレンジがかった茶色をしています。

 

右が銀座線1000系車両、左が銀座線1000系車両(特別仕様車)なのですが、これだけだとわかりづらいので、メーカーのホームページを見てみましょう。

 

銀座線1000系車両

引用:

https://www.n-sharyo.co.jp/business/tetsudo/pages/trta1000.htm

 

銀座線1000系車両(特別仕様車)

引用:

https://www2.panasonic.biz/ls/works/building/detail/id/458450000/?building-filter=prefecture&codes[]=13

 

外観もヘッドライトと、車体にオレンジのラインが入っているかどうかの違いだけで、ほとんど同じです。

 

銀座線1000系(ノーマルタイプ)は、東洋初の地下鉄である銀座線の開業時、1927年(昭和2年)につくられた1000形車両を模してつくられた車両で、2012年から運行を開始しています。

 

そういえば1000系のレトロな車両がつくられる前は、01系と呼ばれるスタイリッシュな車両が走っていましたよね。

 

引用:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%B6%E5%9B%A301%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

 

新しい1000系は40編成がつくられたのですが、そのうち最後につくった2編成だけを、外装だけでなく内装も旧1000形をイメージさせる特別仕様にしたそうです。

 

車内を見てみると、ノーマルタイプと特別仕様車には、たくさんの違いがあることがわかります。

 

まずは、内装。ノーマルタイプは白を基調とした明るい車内になっています。

 

 

一方、特別仕様車は木目調のデザイン。心なしかライトの光も優しく、全体的にあたたかい雰囲気です。

 

 

ノーマルタイプの座席は銀座線のカラーであるオレンジで、つり革は、現在主流となっているTA型。

 

 

特別仕様車の座席は深い緑が使われており、木目調の内装とよくマッチしています。ちなみにつり革は、初代1000系のリコ式を模した涙型です。

 

 

特別仕様車ではそのほか、青銅鋳物にクロームメッキ仕上げを施したブラケット(照明器具)や金の取っ手など、細部にまでこだわった内装になっています。

 

 

ちなみに、40編成のうち2編成だけの特別仕様車に出会える確率はなんと5%とのこと。

新年早々、こんなラッキーにめぐりあえるなんて、今年はいいことが起きそうです(笑)。

渋谷駅新駅舎の外観が間近で見れる!おすすめスポット

銀座線渋谷駅の内部については、昨日までの2日間でたっぷりお届けしたので、今日は少し、外観を見てみたいと思います。

 

実は、外観を間近で見れる場所があるんです。

 

改札を出たら、渋谷スクランブルスクエア方面に向かいます。

 

 

写真奥にあるエスカレーターを上がって、2階へ向かいます。

 

 

すると、渋谷ヒカリエへの連絡通路があります。

 

 

ちなみに連絡通路を外から撮影した写真は、こちらです。

 

 

渋谷駅と線路に並行するような形で作られていて、さらに、全面がガラス張りになっている。

 

ということは、駅や工事の様子を外から見られるのでは?と思って来てみたのですが…見事に大当たり!

 

 

外壁がアーチになっている部分や、中の電車まではっきりと見えます。

もちろん、工事の様子もばっちり。

 

 

建設好きには、たまらない光景です。

 

もうひとつ、通路でおもしろいものを発見したので、ご紹介させていただきますね。

見た通り、アナログ時計なのですが、完全にフラットでデジタル表示されているんです。

 

 

アナログとデジタルの融合、とでも言えばいいのでしょうか。

渋谷スクランブルスクエアの近未来的なイメージにも、ぴったりですよね。

 

3日間に渡り、東京メトロ銀座線渋谷駅の新駅舎を特集しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

生まれ変わった渋谷駅は、建設好きならずとも必見!休日の朝なら比較的空いていてたっぷりと堪能できると思いますので、ぜひ、お立ち寄りください。

生まれ変わった銀座線渋谷駅ホームの天井に「ない」ものとは?

昨日に続き、銀座線渋谷駅の新駅舎について見ていきたいと思います。

 

ホームを見ていて、何か違和感を感じませんか?中央に柱がないことは昨日のブログでお伝えしましたが、そのほかにも、駅に必ずあるものが渋谷駅にはないんです。

 

 

もうちょっとヒントを出しますね。

ホームと電車の間、上の方を見てください。

 

ホームに来たらまず確認するもの。そう、時刻案内の表示板(正式名称は、自動旅客案内装置)が天井にないんです。

 

駅には必ず、下の写真のような時刻案内が天井付近にありますよね。

 

引用:

http://www.metro-eye.jp/vol31/interview.html

 

一方、渋谷駅のホームに設置されているのは、こちらの案内装置。なんともスタイリッシュなデザインです。

 

 

ちなみに、渋谷駅のホーム、新駅舎はまだ完成しておらず、エレベーターやトイレ、ベンチなども建設中で、2020年6月に完成するとのこと。オリンピックにぎりぎり間に合うタイミングですね。

 

渋谷駅のホームにある昔のタイプのベンチ

 

新駅舎をたっぷりと楽しんだら、今度は渋谷スクランブルスクエア方面の改札から外に出るのですが…。

その前に、建設好きのみなさんにぜひとも見ていただきたい場所があります。

 

下の写真の左下をご覧いただけますでしょうか。

 

 

こちらは、旧降車ホーム(右が乗車ホームですね)。

京王井の頭線への乗り換えでは旧降車ホームを通るのですが、なんだか懐かしい気分になりました。

つい最近まで旧ホームを使っていたのに、おかしなものですよね。

 

 

いつまで旧降車ホームが通れるかはわからないのですが、おそらく期間限定なので、興味がある方は、ぜひ行ってみてください!

 

*余談ですが…「井の頭線への乗り換えがしにくい」という報道がありましたが、個人的には以前よりわかりやすくなった気がします。

 

さらに、通路の分岐点などに案内をしてくださる方が複数、いらっしゃるので、迷うことなくたどり着けました。

 

慣れれば迷いにくくなると思いますし、工事が完了すれば混雑も解消するはず。さらなる進化に期待!ですね。

 

東京メトロ銀座線渋谷駅の新駅舎を徹底調査!

先週、予告した通り、今週はリニューアルしたばかりの東京メトロ銀座線渋谷駅について、ご紹介したいと思っています。

 

乗り換え時には地下や建物内を通るのが便利ですが、屋外から駅に入るなら、明治通り方面改札がおすすめ。

 

 

銀座線のカラーであるオレンジと白のデザインで統一された、明るい駅舎になっています。

 

 

ニュースなどでもう見飽きているかもしれませんが、新しくなった渋谷駅で特徴的なのが、M字型の屋根です。

 

 

デザインコンセプトは「フューチャーシティ」。

中央に柱がなく遠くまで見通せる様子は、たしかに未来を感じさせますね。

 

一方で、TwitterなどSNSでは、M字型の屋根=肋骨、線路=大動脈に見立てて、「ゆくゆくは渋谷駅全体が“体内”というコンセプトになっていくのではないか」という意見も出ています。

 

こんな風に想像を掻き立ててくれる駅なんて、今まであったでしょうか?まだまだ工事は続くとのことなので、完成形が楽しみです。

 

ここで少し、駅の構造をご紹介しておきたいと思います。

 

<銀座線渋谷駅 駅舎概要>

ホームの長さ:102メートル

ホームの幅:12メートル(旧ホームは6メートル)

駅の全幅:23〜28メートル

屋根の構造:M型アーチ(45本のM型鋼を等間隔で配置)

ホーム床から天井までの高さ:7.2〜9メートル

設計:内藤廣建築設計事務所

 

やはり気になるのが「なぜM型アーチの屋根にしたのか」ということですよね。

 

当初は、通常のボックス型(門型ラーメン構造)の新駅舎を想定していたそうですが、存在感(圧迫感)がありすぎるという理由で、まずはアーチ型に変更。

 

さらに、将来的にホーム上部にスカイデッキ(歩行者デッキ)を設置するには、アーチの頂上1点で支えるだけだと不安が残ることから、2点で支えるM字型が採用されたそうです。

 

※新駅舎の構造については、設計を担当した内藤廣建築設計事務所のホームページに写真が掲載されているので、ぜひ、ご覧ください

http://www.naitoaa.co.jp/090701/works/top/top.html

 

外観も、できるだけ存在感(圧迫感)をなくすために、コンクリートの建物ではなく、アルミパネルを重ねた構造を採用。

駅舎の中も外も、丸みを帯びたやさしいデザインになっています。

 

 

渋谷駅の新駅舎について、今日はざっくりと概要をお伝えいたしました。明日はもう少し、細かいところをご紹介していきたいと思います。

昭和にタイムスリップ!

友人に「駄菓子バー」なるものがあることを聞いて、早速、やってきました!

東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」から、徒歩3分。

 

 

住宅街の中にある恵比寿神社の前を通って、

 

 

いくつかの路地を抜けたところに、駄菓子バーがあります。

 

 

トタンや木材を装飾した外壁に、

 

 

昔の広告がずらりと並べられています。

 

 

デジタル技術を駆使して作られた現代の広告も好きですが、こういうレトロな感じもまた違った趣がありますよね。

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で見た昭和初期の街に迷い込んだみたいで、ワクワクします。

 

店内はどうなっているのでしょうか。

引き戸を開けて中に入ると、タイムスリップしたような空間が広がっています。

(店内の写真は、お店の方に許可をいただいて撮影しています)

 

 

 

ところ狭しと並べられた駄菓子は、子供の頃によく行った駄菓子屋さんを彷彿とさせます。

 

 

 

実は、小学校の目の前が駄菓子屋さんで、ほぼ毎日のように通っていました(笑)

 

100種類を超える駄菓子に、

 

 

かわいらしい赤電話(写真下)とラジオ(写真上)。

 

 

キン肉マンやビックリマンのシールも、たくさん貼られています。

 

 

建物と内装とディスプレイ、すべてが一体となって昭和時代にタイムスリップさせてくれる駄菓子バーは、子供から大人まで、そして建設好きにもおすすめのスポットです!

 

近くにお越しの際は、ぜひ、立ち寄ってみてくださいね。

 

(駄菓子は500円+ドリンク代だけで、食べ放題です)

あの建物・建設現場はどうなった?無印良品有楽町店の跡地と銀座駅

今日のお散歩では、以前ご紹介した建物や建設現場をもう一度、訪れてみたいと思います。というわけで、大好きな有楽町・銀座エリアにやってきました。

 

2018年12月2日に閉店した無印良品 有楽町店の跡地が、「東京スポーツスクエア」に生まれ変わったことを、2019年4月のブログ記事でお伝えしました。

 

この時は、ラグビーワールドカップと東京オリンピックのボランティア説明会会場として使われていたのですが、ラグビーワールドカップが終わった現在は、どうなっているのでしょうか?

 

 

案内板には、TOKYO2020の文字。ラグビーの文字や写真はどこにも見当たりません。

 

建物もオリンピック・パラリンピックに向けた展示に変わっています。

 

 

なお、オリンピック開催期間中の2020年7月から9月までは、東京都メディアセンターが設置されるとのこと。ワークスペースやラウンジ、インタビュールーム、記者会見室が設けられるほか、一般の人も入場できるエリアもつくられるそうです。

 

メディアセンターは7月10日に開設されるので、また改めて続報をお届けしたいと思います。

 

続いては、リニューアル工事真っ最中の銀座駅。

 

松屋銀座があるA12出口に向かう通路で工事が行われていることを、以前のブログ記事でお伝えいたしましたが、もう完成しているのでしょうか?

 

天井部分もすっかりきれいになり、間接照明が柔らかく通路を照らしています。

 

 

柱には白いタイル、壁にはレンガが使われており、レトロな雰囲気に。

 

 

「駅」というと無機質で殺風景なイメージですが、温かみのある空間になっていますよね。

 

松屋銀座の周辺エリアのリニューアルはすでに完了していますが、銀座駅のリニューアル完成予定は今年の夏。こちらも引き続き、駅の様子をお届けしていきたいと思います。

 

駅のリニューアルといえば、年末年始に渋谷駅が大幅にリニューアルされましたよね。こちらは来週、お散歩に行って、全貌をたっぷりとご紹介したいと思います!ぜひ、お楽しみに!

まるで宇宙船!?船橋高架水槽

外は寒いですが、今日もお散歩に繰り出します。あと1時間もすれば日が沈みそう…というときに見つけたのが、こちらの建造物。

 

 

人が住んでいるような建物には見えませんが、かといって、何に使うのかもよくわかりません。もしかすると、モニュメントや美術品のようなものなのでしょうか?

 

じっと見ていると、宇宙船やアニメによく出てくるようなタコの形をした宇宙人にも見えてきます。

 

悩んでいてもしょうがないので、もう少し近くまで、歩いてみます。

 

 

建造物の目の前は一面の畑。奥には住宅街が広がっています。柵の中は芝生で覆われているのですが、高い柵がどこまでも続いていて、中に入ることはできません。

 

柵の周囲を歩いていると、「立入禁止」の看板とともに「水質汚染の恐れがあります」という注意書きを見つけてしまい、思わず後ずさりしてしまいます。

 

しかし、ここで諦めないのが建設好き。

 

注意書きに書いてあった「千葉県企業局 北船橋給水場」という文字を頼りに調査を開始!

 

 

すると、あっという間に、ここが「船橋高架水槽」だということがわかりました。

 

現在のように給水場から直接、ポンプ制御で配水する技術がなかった頃は、この高架水槽を使って各エリアに配水していたそうです。

 

ちなみに船橋高架水槽は1961年(昭和36年)につくられて、今も現役で稼働しています。

 

謎が解けてスッキリしたところで、最後にもう一枚、パシャり。

 

 

こうして見ると、やっぱり宇宙船にしか見えないですね(笑)。

塵も積もれば山となる!新型信号機でコスト削減と省エネを実現!

いつもは、新しいビルや建設現場に引き寄せられてしまう建設好きのわたしですが、帰省の時は、ちょっと違います。

 

子供の頃から変わらない景色を眺めていると、なんだか安心できるんですよね。というわけで、今年のお正月に帰省したときにも、目的もなく近所をぶらぶらとお散歩。

 

すると、交差点で見慣れないものが…!

 

 

信号機の横にちょこんと座っているカラスもかわいいのですが、気になったのは、信号機そのもの。なんだか、いつも見ているものと違う気がしませんか?

 

横から見てみると、こんな感じ。

 

 

ふつうの信号機に比べて薄い上に、庇(ひさし)がないんです!

 

これはまさか、新型かも!?と思って調べてみると、ビンゴ!

2017年2月に警察庁が車両用信号機の小型化する決定をしたことを受け、大阪市鶴見区に全国で初めてフラット&小型化された信号機が設置されたとのこと。

 

全国に126万台ある信号機を順次、交換している最中とのことで、ようやくわたしの地元でも新型への交換が始まったようです。

 

筐(きょう)体そのものも小さくなっているのですが、緑・黄・赤のライトの直径も従来の30cmから25cmとひと周り小さくなっています。

 

庇(ひさし)がなくて、ライトも小さいとなると「ちゃんと見えるのかな?」と心配になってしまいますが、所定角度に光を放射できることで、逆に視認性が高まるとのこと。ドライバーからも「見やすい」との声が多いようです。

 

信号機をフラット化&小型化することで、ほかにもたくさんのメリットがあります。

 

・雪や風に強い

・(LEDライトなので)コスト削減や省エネができる

・輸送コストが安い

・保管スペースが小さい

・製造コストが安い(従来の信号機より10%程度安くつくれる)

 

信号機1つは小さなもので、超高層ビルのように街の景観を大きく変えてしまうものではありません。

 

ですが、126万台すべてが新型に変われば街のイメージは変わりますし、コスト削減や省エネが実現できれば、その影響力はかなりのもの。「街を変える」のにも、いろいろな方法があるのですね。

丸の内〜銀座散歩③思い出のスターバックスコーヒー

丸の内〜銀座のお散歩、最終回では有楽町から銀座に向かいます。

線路の高架下を通って、数寄屋橋交差点方面へ。

 

 

 

昨日のブログ記事でご紹介した「ザ・ペニンシュラ東京」とは、ガラリとイメージが変わりますが、こういうギャップも有楽町の魅力のひとつなんですよね。

 

数寄屋橋交差点といえば、不二家や西銀座チャンスセンター(宝くじの発売所)が有名ですが、建設好きのみなさんにぜひとも見て欲しいのが、「銀座メゾンエルメス」です。

 

 

<銀座メゾンエルメス概要>

所在地:東京都中央区銀座5-4-1

階数:地上11階、地下4階

高さ:45メートル

設計:レンゾ・ピアノ

施工:竹中工務店

竣工:2001年

 

イタリア人建築家のレンゾ・ピアノが設計を手がけた建物で、都市を照らす「ランタン」をイメージしたのだそう。

 

たしかに、キラキラ輝いているのではなく、ほっこりとやさしい光が溢れています。

 

引用:

https://www.fashionsnap.com/article/hemes-lestudios/

 

ちなみに、外観には45㎝角のガラスブロックが張り巡らされていて、その数なんと1万3,000個!どのように建物をガラスで覆っていったのでしょうか…?改めて、調べてみたいと思います!

 

数寄屋橋交差点を渡って、そのまま真っ直ぐ、銀座駅方面(銀座四丁目)に向かいます。

 

ここでのお目当ては、もちろん銀座和光

 

 

銀座を象徴する建物のひとつですよね。

 

<銀座和光建物概要>

所在地:東京都中央区銀座4-5-1

階数:地上7階、地下2階

設計:渡辺仁

施工:清水組

竣工:1932年

 

私も今回調べてみて初めて知ったのですが、今の時計塔は2代目で、初代時計塔が完成したのは1894年(明治27年)だそうです。

銀座では120年以上も前の昔から、時計が街を見守っていてくれたのですね。

 

さて、いよいよお散歩の最終目的地に向かいます。

銀座松屋の近くにある、スターバックスコーヒー銀座松屋通り店です。

 

 

「なんでスターバックス?」と、拍子抜けしてしまったかもしれませんが、このお店は特別なんです。

 

なぜ特別かというと…実は、日本1号店なんです。

 

 

1996年(平成8年)8月2日に、北米以外で初、もちろん日本でも初のスターバックスのお店がオープンしたそうです。

 

実は、私の「初スタバ」もこのお店。1階、2階ともすべてガラス張りでおしゃれな空間にドキドキしつつも、親しみのある店員さんや居心地の良さに、すっかりはまってしまいました。

 

というわけで、最後はスタバでお気に入りのチャイティーラテを飲んで、今日のお散歩は終了!

 

3日間でご紹介させていただいた建物については、いずれまた機会を改めて、内部も調査してお伝えしたいと思います。ぜひ、今後もご期待ください!