都会の建設現場にぴったりのアボロン杭打機

久しぶりに建設現場を発見!しかも、仮囲いがフェンスになっているタイプで、網の目から中の様子を見ることができます。

 

中を覗くと、初めて見る建設機械が!

 

 

 

工程表をみると「杭打ち」と書いてあるので、おそらく杭打機ではあると思うのですが、これまでに見たことのないタイプです。

 

*ちなみに、このブログでも2回ほど杭打機のご紹介をしています。

杭打ちは、地震大国である日本だからこそ生まれた技術

地球に優しい杭打ち「圧入工法」

 

機械に書いてある「アボロン」という名前を頼りに調べてみると、すぐに

ヒット!やはり、杭打機でした。

 

 

引用:アボロンシステム株式会社

http://www.avolon.co.jp/cr400_01.html

 

アボロンは1976年〜1977年に無振動・無騒音の杭打機を開発し、それ以来、アボロンブランドとしてオーダーメイドの建設機械を作り続けている建機メーカーです。

 

「アボロン工法」はもちろん、アボロンシステムの杭打機を使った工法のこと。会社名が工法としても使われるなんて、すごいことですよね。

 

アボロン工法の主な特長は、以下の3つ。

(1)高低差や障害物があるところでも作業できる

(2)壁際の作業にも対応できる

(3)振動や騒音が少ない

 

建物が密集している土地でも大丈夫で、しかも、振動や騒音が少ないとなれば、東京都内の建設現場にはもってこいの建設機械ですよね。

 

今まではアボロン杭打機の存在を知らなかったので、あまり見つけられなかったのですが、実際にはたくさんあるのかもしれませんね。

また見つけた際には、ご紹介させていただければと思います。