まるでビスケット!?ギンビス本社ビル

今日のお散歩で見つけたのは、

 

 

ギンビスの本社ビル。日本橋浜町の新大橋通りに面した場所にあります。

 

みなさんもご存知の通り、ギンビスは「アスパラガス」や「たべっこどうぶつ」など、ビスケットを中心としたお菓子を製造しているメーカーです。

 

そう言われてみると、建物の外観までビスケットがこんがりと焼けたおいしそうな色に見えてしまうのは、建設好きの私だけでしょうか?

 

ちなみに「ギンビス」という社名は、創業の地である「銀座」で一番おいしい「ビスケット」をつくろう!との想いから生まれたそうです。

(参考:なんで「ギンビス」という社名なの?

 

銀座で一番おいしい、と言われたら、これはもう食べないわけにはいかないですよね。

 

 

小さい頃は、毎日のように「どの動物を食べようかな〜」と楽しみにしていたビスケット。久しぶりに食べても、やっぱりおいしい!優しいバターの香りと味で、子供時代にタイムスリップしたような気分になりました。

 

建物ではないのですが、ギンビス本社ビル近くでもうひとつ、おもしろいものを発見したので、ご紹介させていただきますね。

 

それが、こちらの車です!

 

 

見た通り、ギンビスの社用車です。わかりやすいですし、何より子供たちも喜びそうです。

 

先日、ご紹介したぺんてる本社もそうですが、会社をイメージしやすいデザインの建物は見ていて、とても楽しいものですね。

 

実は、ギンビス本社の近くに桃屋の本社も発見したので、来週のブログ記事でご紹介させていただければと思います。