ピンクの看板の桃屋本社ビルの建物は何色?

先週のブログ記事で予告したとおり、今日は桃屋の本社ビルに行ってきました!

 

ピンクの背景に赤い桃のロゴが、青い空にきれいに映えていますね。

 

 

「建物もピンクだといいな…。」という期待を抱きつつ、歩くこと5分。

 

 

 

残念!建物自体はピンクではありませんでした。

ですが、看板のピンクとベージュの組み合わせは珍しく、住宅街にあっても目を惹きます。

 

せっかくなので、正面入り口の方に回ると、

 

 

扉の横(写真右手)に、たくさんのツボが置かれています。

 

 

「なんで、こんなところにツボが?」と思って調べてみると、1944年(昭和19年)に当地に工場を移転した後、1973年(昭和48年)まで佃煮をつくっていたそうです。

 

当時のことを忘れないように、本社にこうしてツボを飾っているのかもしれないですね。

 

ちなみに日本橋に工場があった頃に、有名な「ごはんですよ!」の前身ともいえる「江戸むらさき」(のり佃煮)が生まれたとのこと。

 

引用:

https://www.momoya.co.jp/shop/products/detail/2

 

きっと日本橋の街全体に、あの独特のいい香りが広がっていたのでしょうね。

(香りを嗅ぐたびに、おなかがすいてしまいそうなのは難点ですが…笑)