渋谷の街が超高層ビル戦国時代に突入!?

渋谷区役所新庁舎、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)を通り過ぎて、さらに渋谷駅方面に向かうと、建設中の渋谷パルコが見えてきます。

 

 

 

建物はもう9割ほどが完成していて、11月22日(金)のグランドオープンを待つばかりとなっています。

 

完成後のイメージパースを見ると、建物の低階層と中ほどに緑がたくさんあるのが見えます。渋谷にまた新たな空中庭園が誕生するのでしょうか。オープン後にまた、来てみたいと思います。

 

引用:

https://www.fashion-press.net/news/22865

 

さらに進むと、先日のブログ記事でご紹介した渋谷スクランブルスクエアが見えてきます。

 

 

奥に見えるのは、渋谷ヒカリエ。

 

 

高さ180mのヒカリエと、230mの渋谷スクランブルスクエア。2つの超高層ビルが並ぶ姿は、山がそびえ立っているように見えて、思わず圧倒されてしまいます。

 

さらに向かい側には、高さ99mの渋谷マークシティ。

 

 

渋谷駅周辺エリアは、今まさに「超高層ビル戦国時代」を迎えている、といった状況で、どこを向いても超高層ビルを見ることができます。

 

最後に、渋谷駅直結の東急百貨店東横店をカメラに収めておきます。

 

 

実は東急東横店は、2020年3月31日をもって営業を終了することが決まっていて、一部は渋谷スクエアスクランブルに出店、地下食品売り場は現在の場所で営業を続けるそうです。

 

まだまだ大きく変わりそうな渋谷の街。今後も注目していきたいと思います!