後楽園駅前のミニ庭園

だんだんと涼しくなってきて、外出が楽しい季節になってきましたね。というわけで、今日のお散歩は後楽園へ。

 

東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅」のホームに降りると、

 

 

ホームの壁一面にヨーロッパ風のお庭の絵が描かれています。

広告も華麗な装飾の枠をつけるだけで、

 

 

素敵な絵画に早変わり!

何かの賞を獲った広告みたいですね。

 

それにしても、なんで庭園が描かれているのでしょうか?

 

後楽園駅=東京ドーム、ラクーア、遊園地というイメージが強く、ここに来るまですっかり忘れていたのですが、実は後楽園駅には「小石川後楽園」という立派な庭園があるんです。

 

つまり、小石川後楽園の風景が描かれているというわけですね。

 

たとえば1枚目の写真は、旧岩崎家洋館を描いたもの。

 

引用:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E5%B2%A9%E5%B4%8E%E9%82%B8%E5%BA%AD%E5%9C%92

 

ほら、そっくりですよね?

 

さらに、後楽園駅の4a・4b出口を出たところには、かわいいミニ庭園もあります。

 

 

整形された垣根、幾何学的に配置された水路や噴水、左右対称の構造。この特徴はまさに、フランス式庭園ですね。

 

 

今日は文京シビックホールと東京ドームがお目当てで来たのですが、予想外の掘り出し物を発見して、テンション急上昇!

「素敵なものに出会えそう!」という期待を胸に、次は、文京シビックホールへと向かいます。