芸術の街・池袋駅西口

有楽町・銀座が好きということもあって、お散歩はどうしても東京の東側が中心になってしまうのを反省して、今日は東京の西側へ。

ブログではまだ一度もご紹介したことのない、池袋に行ってきました!

 

まずは、池袋駅の西口に向かいます。

いつも混乱してしまうのですが、池袋駅は西口に東武デパート、東口に西武デパートがあるんですよね。

 

 

最初のお目当ては、池袋西口公園野外劇場。

 

 

池袋西口公園をリニューアルしてつくった劇場で、2019年11月16日にオープンしたばかりです。

 

 

設計・デザインを担当した株式会社ランドスケープ・プラスの平賀さんによると、「公園の中心に据えられた噴水は大地から湧き上がる生命力を、公園の天空に浮かぶリングは大地のエネルギーが渦を巻きながら上昇する躍動感を表現」しているそうです。

 

上空からのイメージパースを見ると、その意味がよくわかります。

 

引用:

https://www.mj-sekkei.com/project/641

 

大地、そして人々のエネルギーが集まり、それがグローバルリングを通していろんなところへ散らばっていく。そんなファンタジーのような世界が思い浮かびます。

 

グローバルリングのお隣にあるのは、東京芸術劇場です。

 

 

 

<東京芸術劇場概要>

所在地:東京都豊島区西池袋1-8-1

敷地面積:13,290平方メートル

階数:地上10階、地下4階

設計:芦原建築設計事務所

施工:大成・間・安藤・西武・日本国土・地崎・古久根・城北建設JV

着工:1987年7月11日

竣工:1990年8月18日

 

巨大なガラス張りのアトリウムが目を惹く建物ですが、不思議と街の景観と調和していますよね。

 

芸術といえば、こちらの建物も芸術的だと思いませんか?

 

 

実はこれ、東京都豊島合同庁舎の建物なんです。

国や地方公共団体の建物はなんとなく「お堅い」イメージですが、屋根と壁にある曲線のおかげで、柔らかい雰囲気になっています。

 

<東京都豊島合同庁舎概要>

所在地:東京都豊島区西池袋1-17-1

敷地面積:1,102平方メートル

階数:地上7階、地下6階

設計:大江 匡

着工:1993年4月

竣工:1996年7月

 

ちなみに、この建造物には「税金を取りやすくするため」という目的があるのだとか。税務署の職員が使うスペースと住民が利用するスペースを別に設けることで、住民が気持ちよく利用できるようにしているそうです。

※参考:

https://www.tozai-as.or.jp/mytech/96/96_oe04.html

 

建物というのは、知れば知るほどおもしろいものですね。

「あの建物にはどんな目的があるんだろう?」「どうしてこんなデザインになったんだろう?」と考えながら建物を見てみると、おもしろい発見ができるかもしれません。