あの建物・建設現場はどうなった?塗装工事が終わった清洲橋

半年前のブログ記事「清洲橋は、ただいま工事中」でお伝えした、清洲橋が照明と塗装工事が終わったとのことで、やってきました!

 

まずは、お隣の新大橋から見える清洲橋。

 

 

足場や防護シートが取り外され、優美な下垂曲線が見えます。せっかくなので、隅田川沿いの「隅田川テラス」をお散歩しながら、清洲橋に向かいます。

 

 

隅田川テラスとは、堤防を補強する護岸基礎を親水施設として開放したエリアで、全長約28kmあります。

 

引用:

https://www.tokyo-park.or.jp/mizube/sumidagawa/detail.html

 

きらきらと輝く水面と清洲橋を眺めながらするお散歩は、格別です。都会の超高層ビルの間を縫って歩くのも好きですが、こうして自然を感じながらお散歩するのは、やはりいいものですね。

 

 

隅田川テラスには、200〜300mごとにベンチがあって、ピクニックをするにもぴったり。

 

 

今年は暖冬だからなのか、もう菜の花が満開でした。

 

 

隅田川テラスから新大橋を撮ってみると…

 

 

いやぁ、絶景ですね!青とオレンジのコントラストが素晴らしいです。

反対を向いて、清洲橋もパシャり。

 

 

きれいなスカイブルーの橋は、まるで青空から生まれてきたみたいに見えます。

 

「ひと休みしようかな…」と思って、ふと隅田川の方を見ると、小鳥さんもお休み中のご様子。私と同じように、新大橋と隅田川を交互に見ているような姿がかわいくて、思わず撮ってしまいました。

 

 

さあ、いよいよ清洲橋が間近に見えてきました。

明日のブログ記事では、リニューアルした清洲橋の魅力をたっぷりとお届けしますので、お楽しみに!