平屋と、桜と、豪華絢爛な金色殿と

昨日に続き、上野公園のお散歩の様子をお届けします。

国立科学博物館のシロナガスクジラを見たら、次は左に曲がります。

 

すると、パッと視界がひらけて目の前に大噴水が現れます。

 

 

奥に見えるのは、東京国立博物館の本館。

噴水の傍らには、和風のスターバックスコーヒーがあります。

 

 

木造の三角屋根は、平家を思い出させますよね。オープンテラスの開放的な雰囲気も、公園にぴったりとマッチしている気がします。

 

公園の中心に戻る形で進むと、見事な桜と銅像が見えます。

 

 

桜は、コマツオトメ(小松乙女)の原木。銅像の人物、小松宮彰仁親王(こまつのみやあきひとしんのう)から「小松」の名をとり、かわいらしく美しいことから「乙女」と命名されました。

 

 

ちなみに小松宮彰仁親王は、日本赤十字社の前身である博愛社の初代総長に就任した人物で、赤十字活動の発展に尽力した方だそうです。

 

ここから上野動物園の方に向かうと見えてくるのが、上野東照宮です。

 

 

東照宮とは、徳川家康公を祀る神社のことで、上野東照宮は1627年に創建されました。現存している金色殿(社殿)は、3代将軍徳川家光公が造営替えをしたもので、日光に行くことができない江戸の人々のために豪華な社殿を建立したと言われているそうです。

 

参考:

http://www.uenotoshogu.com/about/

 

こちらが金色殿なのですが、まさに豪華絢爛という表現がぴったり!

 

 

本当は、上野動物公園内にある五重塔も見たかったのですが、休園中なので、次回のお楽しみにとっておきたいと思います。