未完の駅「高輪ゲートウェイ駅」

高輪ゲートウェイ駅での探検は、今日が最終回。まずは改札を出たところで、一枚パシャり。

 

 

実はここでも、新しい技術が使われています。それがこちらの、自動改札機。

 

 

子どもや車椅子の方がタッチしやすいよう、ICカードのタッチ部分が側面についているんです。

 

それでは、いよいよ駅舎の外観を見ていきたいと思います。

まずは、向かって左側。建物に駅名が表示されています。

 

 

続いて、右側です。折り紙をモチーフにしたという特徴的な屋根が、はっきりと見てとれます。

 

 

ちなみに、駅の外にもAI駅員さんがいて、構内とは別の男性・女性駅員さんが案内をしてくれます。

 

 

実はもうひとつ、建設好きのみなさんにぜひ、見ていただきたいものがあります。

 

こちらの光景、いかがでしょうか?

 

 

高輪ゲートウェイ駅は2020年3月14日に暫定的に開業しましたが、駅前を含めた開発がすべて終わるのは、2024年。そのため、駅前の広大な土地がすべて建設現場になっているんです。

 

真上から地下工事の様子を見たり、

 

 

敷板が敷き詰められている様子を、うっとり(!)と眺めたり。

 

 

こんなチャンスはめったにありません!

 

高輪ゲートウェイ駅に訪れた際には、駅構内や外観だけでなく、ぜひ、建設現場も楽しんでいってくださいね。

 

3日間に渡って、高輪ゲートウェイ駅の様子をお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

3月23日にはビジネスに特化したスターバックスコーヒーやTOUCH TO GO(無人コンビニ)も新しくオープンするみたいなので、またの機会に、みなさんにご紹介させていただきたいと思います。