ああ、懐かしの公衆電話

仕事で帝国ホテルに行く機会があり、せっかくなので、探検してみました!

(館内での撮影は許可を得ています)

 

1階のメインロビーには、巨大なシャンデリアの下に桜の生け花があります。シャンデリアがちょうどスポットライトのような役割となって、桜がきらきらと輝いて見えます。

 

 

フロントの目の前にあるのが、ランデブーラウンジ。

 

 

奥の壁は、世界的彫刻家・多田美波さんの大作「黎明(れいめい、通称:光の壁)」。クリスタルのガラスブロック約7,600個が使用されているそうです。

 

 

多田美波さんについては今回、調べて初めて知ったのですが、光と色を組み合わせた立体的な造形物が多く、ホームページに掲載されている作品(Works)は素晴らしいものばかり。よかったら一度、覗いてみてください。

 

多田美波研究所ホームページ:

https://www.tada-ken.com/works

 

メインロビーを抜けると、地下に続く階段があります。

 

 

階段や廊下の隅々にまで、ふかふかの厚い絨毯が敷かれているのは、ホテルならでは。

 

 

シャンデリアの種類も多く、小ぶりで繊細なデザインのものや、

 

 

円のように配置されたもの、

 

 

さらには、滝のようなシャンデリアまで。

 

 

こんなにたくさんのシャンデリアを見たのは初めてだったので、興奮して何枚も写真を撮ってしまいました(笑)

 

あと2つだけ、今日のブログ記事でご紹介したいものがあるので、もう少しお付き合いくださいね。

 

1つ目は、靴磨きのサービス。

 

 

私自身は靴磨きをしてもらったこともなく、昔の小説や映画で見たことがある程度なのですが、こうして実物を目の前にしてみると、ものすごく特別な空間に見えます。

 

 

もうひとつが、こちらのスペース。建物 in 建物という感じのスペースですが、さて、中に何があるか、お分かりになる方はいらっしゃいますでしょうか。

 

 

正解は…公衆電話!

 

家に連絡をしたり、ポケベル(簡単な文字列や数字を受信できる端末。通話はできない)でメッセージを送ったり。

 

「学生の頃はお世話になったな…」と懐かしくなり、ついつい、中に入って写真を撮ってしまいました。

 

 

最近は街中で公衆電話を見ることが少なくなってきましたが、実際にはどのくらい減っているのでしょうか。いい機会なので調べてみました。

 

<公衆電話施設数の推移>

2000年(平成12年):70万7,233台

2010年(平成22年):25万2,775台

2018年(平成30年):15万5,214台

 

引用:総務省 情報通信統計データベース

https://seireki.hikak.com/

 

約20年前に比べて、1/3以下になってしまったんですね。こんなに減ってしまったのかと、正直驚きました。

 

さらにスマホが普及していることを考えると、今の子供たちは公衆電話を使った経験がないということに。

 

もちろん、ふだんはまったく困らないですが、公衆電話は災害時でも通信規制の対象外になる災害時優先電話(*)です。

 

*災害時優先電話:発信規制や接続規制といった通信制限(大規模災害時は約90%以上の制限が行われることがあります)により、通常の電話は被災地からの発信や被災地への接続は制限されますが、優先電話はこうした制限を受けずに発信や接続を行うことができます。

 

引用:

https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/net_anzen/hijyo/yusen.html

 

万が一の時のためにも、子供たちにはしっかりと公衆電話の使い方を伝えておきたいですね。