日本橋室町の新しい顔「日本橋室町三井タワー」

街全体で再開発が進む日本橋は、散歩のたびに新しい発見があります。今回見つけたのは、建設好きなら誰もがワクワクする超高層ビル!

 

場所は、日本橋室町3丁目。

 

 

日本橋三井タワーの目の前には、完成間近のビルがそびえ立っています。

(建物のエントランスは仮囲いがして見れませんでした…残念!)

 

こちらも三井不動産が開発するオフィスビル・商業施設で、敷地面積 約11,480m2、延床面積 約168,000m2、地上26階、地下3階建の大規模複合プロジェクト。

 

名称は「日本橋室町三井タワー」で、地下1階〜地上2階には商業施設「COREDO室町テラス」が2019年秋にグランドオープンするそうです。

 

<日本橋室町タワー外観イメージ>

 

*参考:三井不動産 プレスリリース

https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2018/1015_01/index.html

 

台湾から日本初出店する「誠品生活」がテナントとして入るなど、施設の目玉はいろいろとあるのですが…やはり気になるのは、約1,500 m2の大屋根がついた広場です。

 

<大屋根空間イメージ>

 

イメージパースを見ると、透明の大天井から光が差し込む緑あふれる空間になっています。こんなところでランチを食べられたら…素敵ですよね。

 

最近、東京で新しく建設されるビルは、日本橋三井タワーのように緑を意識した設計になっているものが多いように感じます。建設も、散歩も好きな私としては、都会の中の緑が増えるのは何よりも嬉しいことです。