原宿駅の新駅舎がオープン!

※この記事は、緊急事態宣言以前に取材した内容を元に執筆しています

 

以前、ブログで「原宿駅の駅舎が解体される」というお話をしましたが、約1ヶ月前の3月21日、ついに新駅舎がオープン!(旧駅舎の解体は、オリンピック、パラリンピックの後になります)

 

そこで今回は、原宿駅に行ってきました。

 

まずは新設されたホームをパシャり。ホームは六角形を組み合わせた緑のタイルが敷き詰められていて、明るい印象です。

 

 

せっかくなので、反対側のホームからも撮影しておきます。

 

 

床も、天井も、ホームドアも、すべてがピカピカで輝いています。

 

まだ旧駅舎の解体が始まっていないため、赤い跨線橋(こせんきょう)も残っています。

 

 

そしてこちらが、新駅舎。といっても橋上駅舎なので、下から撮影するとわかりづらいですね…。

 

 

というわけで、さっそくコンコースに向かいます。

 

通路は旧駅舎の3倍の広さ。全面ガラス張りになっていて、明るく開放的な空間になっています。

 

 

コンコースからは旧駅舎の裏側や、

 

 

5月28日にオープン予定のWITH HARAJUKU(ウイズ原宿)が見えるのですが、

 

 

建設好きのみなさんにぜひとも見ていただきたいのが、こちら!

 

 

 

建設機械や資材、敷板などが置かれた建設現場を見ることができるんです。こうして上から眺めると全体がわかって、とてもおもしろいんですよね。

 

たっぷりと建設現場を堪能したら、改札へ。これだけたくさんの改札機があれば、年末年始の明治神宮参拝の混雑も緩和されそうですね。

 

 

さて明日は、原宿駅の外観とオープン間近のWITH HARAJUKU(ウイズ原宿)について調べてみたいと思います!