原宿駅・新駅舎のコンセプトは「主張しすぎないベージュ」

※この記事は、緊急事態宣言以前に取材した内容を元に執筆しています

 

昨日のブログ記事で予告したとおり、今日は原宿駅の外観をご紹介したいと思います。

 

東口を出て、ほぼ正面から撮影した駅舎です。

 

 

<原宿駅 新駅舎 概要>

所在地:東京都渋谷区神宮前1-18-20

敷地面積:1,684平方メートル

階数:2階

高さ:19.8メートル

着工:2017年2月

設計:ジェイアール東日本建築設計事務所、ジェイアール東日本コンサルタンツなど

施工:鉄建建設

 

明治神宮や代々木体育館と調和するよう「主張しすぎないベージュ」を基調としたデザインをコンセプトにつくられたそうです。

 

 

新駅舎と旧駅舎のコラボレーションが見られるのは、あと2年だけ!意外とマッチしていると思ってしまうのは、私が建設好きだからでしょうか。

 

 

続いて、原宿駅の目の前に新しくオープンする商業施設、「WITH HARAJUKU(ウイズ原宿)」に向かいます。

 

木とガラスがたくさん使われた外壁は、緑の多い原宿周辺の景色とみごとに調和しています。

 

 

建築資材もほとんどなく、あとはオープンを待つばかり。

 

 

「独自のカルチャーを発信するたまり場」がコンセプトということなのですが、建物の中はどのようになっているのでしょうか。開業が楽しみですね。

 

ここで一度、原宿駅に戻って、今度は西口に向かいます。

 

 

西口は明治神宮への最短ルート。階段を降りると目の前に鳥居が見えます。

 

ちなみに、西口出口の外観はこちら。

東口(正面)とは違い、緑が多く使われているのが特徴です。

 

 

この横断歩道を渡れば、明治神宮に到着!

明日は、明治神宮内をお散歩してみたいと思います。