日本一の大鳥居

※この記事は、緊急事態宣言以前に取材した内容を元に執筆しています

 

明治神宮の探検、第2弾では本殿をご紹介します。奉納された酒樽が並んだ通りを抜けて左に曲がります。すると、入り口にあったのよりも、もっと巨大な鳥居が出現!

 

こちらが大きさ日本一の大鳥居です。

 

 

<大鳥居 概要>

名称:明神(みょうじん)鳥居

完成:1920年(大正9年)

※1975年(昭和50年12月23日に建て替え成功)

原木:台湾丹大(たんだい)山、樹齢1,500年のヒノキ

高さ:12メートル

柱と柱の間:9.1メートル

柱の径:1.2メートル

笠木の長さ:17メートル

鳥木の長さ:15.5メートル

 

*笠木は鳥居の一番上に屋根のようについた木で、鳥木はその下の部分になります。

 

それにしても高さ12メートルとは!マンションだと3〜4階くらいの高さになります。こんな巨大なものを、現代のような建設機械がない時代につくったなんて、人間の力ってほんとにすごいですよね。

 

さあ、いよいよ本殿に到着です!

 

小ぶりな鳥居の奥にあるのは客殿(客を接待するために造られた建物)。

 

 

正面には大きな門がそびえ立っています。

 

 

門の扉には、かわいいハートマーク。

 

 

以前、増上寺で見つけたハートマークといい、お寺や神社とハートマークにはなにか関連性があるのでしょうか(もしかしたら建設資材に理由があるのかもしれませんが)。

 

門をくぐると、ぱっと視界が開けて大きな広場に出ます。この奥にあるのが本殿です。

 

 

本殿に近い場所での撮影は禁止されているため、撮影はここまで。賽銭箱の前で拝礼をすると、自然と穏やかな気持ちになってくるから不思議なものですね。

 

 

4日間にわたってお届けしてきた原宿/明治神宮の探検は、いかがでしたでしょうか?木々に囲まれた明治神宮内は、夏にお散歩するのにも気持ち良さそうです。ぜひ行ってみてくださいね。