建設現場で妄想!?

先日、仕事で東京モノレールの整備場駅で降りたところ、駅のすぐ近くで大規模な現場を発見!大きなクレーンを見ると重機好きの血が騒いでしまい、思わず写真を撮ってしまうのです。

(ほんとはもっと近くまで行きたかったのですが、横断歩道が見当たらず…。)

 

実は、建物の枠組みが少しずつできあがってきている、この状態が一番好きなんです。

基礎工事の段階だと、まだ何ができるかまったくわからないですが、ここまできてしまえば、いろんなイメージを膨らませることができますよね。

 

  • 空港に近いから、大きな倉庫ができるのかな?
  • 訪日観光客が増えているから、たくさんの人が泊まれるホテルかも?
  • ホテルなら、真っ白な外壁のきれいなホテルが素敵!

 

…などなど、イメージというよりも、もはや妄想に近いレベルですが、どんな建物ができて、街の風景がどのように変わっていくのかを考えているのは、何よりも楽しい時間です。

 

少し話が飛んでしまいますが、先日、2018年の訪日観光客数が3,000万人を突破したというニュースがありましたよね。

外国人が増えるに伴って、空の玄関口である空港周辺の開発もどんどん進んでいるようです。3年後、5年後には、今とまったく違った景色になっているかもしれないですね。