仮囲いはなぜ倒れない?仮囲いの設置方法

昨日に続き、仮囲いについてさらに調査を進めたいと思います!

 

仮囲いの役割、種類、工事価格がわかったら、次に気になるのは設置(工事)方法。調べてみたところ、3つの方法があるようです。

 

・パイプ・クランプ式

いちばんシンプルで、一般的な方法です。単管パイプを地中に打ち込み、横に単管パイプを組み合わせて仮囲いのパネルを取り付けます。パイプの柱だけだと風で倒れてしまうため、控え材のパイプで補強をします。

 

パイプを地中に埋める必要があるため、土、砂利、アスファルト以外の場所では使えません。

 

引用:

https://www.y-hozen.or.jp/hozenmanage/wp-content/uploads/2014/07/f5d5f7479794fe596c5e154703ad43c3.pdf

 

・H形鋼2列据置式

コンクリートやタイルなど杭打ちや掘削ができない場所で設置する方法です。地面にH鋼(ローマ字の「H」の形をした鋼材)などの鋼材を2列に並べ、その上にパイプとパネルを設置していきます。

 

引用:

http://www.suzutoh.co.jp/setup/h_kou.html

 

・H形鋼支柱杭式

控え材を設置するスペースがない場合に使われる方法です。H鋼を地中に埋めて支柱とし、H鋼に直にパネルを設置していきます。

 

引用:

https://ssl.motec-co.jp/service/cat6/post-5.html

 

今回の調査で、仮囲いの謎はすっきり解決!これからも新しい&珍しい仮囲いをどんどん紹介していきますので、ご期待ください。