世界最大のブルドーザー、KOMATSU D575A

昨日のブログ記事で予告した通り、世界最大のブルドーザーをご紹介します。

 

それがこちら!コマツの「D575A」です。

 

引用:

https://golden-zipangu.jp/japan-big0828

 

引用:

http://www.komatsu-kenki.co.jp/products/bulldozer/D575A-3.html

 

機械質量:131.35トン

全長:12.09メートル

全幅:5.88メートル

全高:4.88メートル

 

一般的な路線バス(全幅2.5メートル)の倍以上の幅があり、重量(質量)は10倍以上にもなります。

 

あまりにも巨大なため、移動・運搬するときは分解するのだとか。分解と組み立てだけでもかなりの時間がかかりそうですよね。いつかこの目で見てみたいものです。

 

コマツといえば、最先端のICT技術を使った建設機械を開発していることでも有名です。

 

建設機械、重機といえば、複雑なレバー操作を覚えたり感覚を掴むのに10年はかかるといわれていますが、コマツのICTブルドーザーなら、タブレットのタッチパネルで操作が可能。運転席に座る必要すらないんです。

 

この自動運転は鹿島建設が進めている「A4CSEL」(*)によって実現。リモコンで操作をするのではなく、ボタン一つで指示を出すだけであとは機械が自動で運転や作業をしてくれます。

 

*A4CSEL(クワッドアクセル) =Automated / Autonomous / Advanced / Accelerated Construction system for Safety , Efficiency , and Liability

 

引用:

https://www.kajima.co.jp/tech/c_ict/automation/index.html#!body_01

 

この技術があらゆる建設機械で応用できれば、現場の作業負担は減りますし、より安全に作業することもできるようになります。いったい未来の建設現場はどのようになるのでしょうか。楽しみですね。