渋谷の街が膨らむ!?

今日のブログでは、昨日ご紹介した「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURASU)」について、詳しく調べてみたいと思います。

 

建設現場の仮囲いには、ビルのイメージ図もありました。それが、画面の一番上にある写真です。

 

 

2019年秋に竣工予定であることと、おしゃれで近代的なビルであることはわかるのですが…これではさすがに、何もわかりません。

 

というわけで、東急不動産のホームページを見てみると…ありました!

 

  • 敷地面積:約3,336平方メートル
  • 延床面積:約58,970平方メートル
  • 階数:地下4階〜地上18階
  • 高さ:約103m
  • 施工者:清水建設株式会社

 

引用:

https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20181115-2.pdf

 

高さ103mとは、想像以上に超高層なビル!建設好きの血が騒ぎます。

 

ちなみに、2〜8階、17・18階には東急プラザを含む商業施設が入り、9〜16階のオフィスフロアにはGMOインターネットグループがテナントとして入ることが決まっています。

 

さらにこのプロジェクトでは、周辺地域も再開発するとのこと。渋谷駅とビルを結ぶ連絡デッキや、渋谷駅周辺エリアを上下左右に移動しやすい歩行者ネットワークを構想しているそうです。

 

これが実現すれば、渋谷は駅構内だけでなく街全体が、安心して歩いたり生活できる街に生まれ変わるはず。

 

「渋谷を訪れるすべての人々の幸福を大きく膨らませていきたい」という想いが込められた渋谷フクラスを中心に、渋谷の街が大きく成長していく。想像しただけでも、ワクワクしてきますね。