足元にも楽しみがいっぱい!

初めての道を歩くときに楽しみなのが、道路の舗装です。歩道ではアスファルトではなく、タイルやレンガなどが敷き詰められている道もありますよね。

 

先日、ふと気になって調べてみたのですが…一般社団法人日本道路建設業協会のホームページに載っている道路の舗装方法は、なんと63個!目的や用途に応じて、こんなにたくさんの技術があるんですね。

*参考:一般社団法人日本道路建設業協会ホームページ
http://www.dohkenkyo.net/pavement/meisyo/

 

こうなってくると、自分で撮影した歩道の舗装技術が気になってしかたがありません。上記のホームページの写真と見比べてみると、「インターロッキングブロック舗装」または「石質・磁器質タイル舗装」のどちらかのようです。

 

●インターロッキングブロック舗装
独特の幾何形状に製造された舗装用コンクリートブロックを道路に敷設する舗装

●石質・磁器質タイル舗装
超高温で焼成された磁器質タイルなどを使用した舗装

 

両方とも、きれいな着色をすることができるため、歩道やショッピングモールなどでよく使われているとのこと。これまでアスファルトで灰色一色だった道が、色とりどりの舗装に変わるだけで、街全体がぱっと明るくなったように見えますよね。

 

建設好きな私としては建物を見て歩くのが大好きなのですが、これからは足元にも楽しみがいっぱい見つけられそうで、ワクワクしています。