塵も積もれば山となる!新型信号機でコスト削減と省エネを実現!

いつもは、新しいビルや建設現場に引き寄せられてしまう建設好きのわたしですが、帰省の時は、ちょっと違います。

 

子供の頃から変わらない景色を眺めていると、なんだか安心できるんですよね。というわけで、今年のお正月に帰省したときにも、目的もなく近所をぶらぶらとお散歩。

 

すると、交差点で見慣れないものが…!

 

 

信号機の横にちょこんと座っているカラスもかわいいのですが、気になったのは、信号機そのもの。なんだか、いつも見ているものと違う気がしませんか?

 

横から見てみると、こんな感じ。

 

 

ふつうの信号機に比べて薄い上に、庇(ひさし)がないんです!

 

これはまさか、新型かも!?と思って調べてみると、ビンゴ!

2017年2月に警察庁が車両用信号機の小型化する決定をしたことを受け、大阪市鶴見区に全国で初めてフラット&小型化された信号機が設置されたとのこと。

 

全国に126万台ある信号機を順次、交換している最中とのことで、ようやくわたしの地元でも新型への交換が始まったようです。

 

筐(きょう)体そのものも小さくなっているのですが、緑・黄・赤のライトの直径も従来の30cmから25cmとひと周り小さくなっています。

 

庇(ひさし)がなくて、ライトも小さいとなると「ちゃんと見えるのかな?」と心配になってしまいますが、所定角度に光を放射できることで、逆に視認性が高まるとのこと。ドライバーからも「見やすい」との声が多いようです。

 

信号機をフラット化&小型化することで、ほかにもたくさんのメリットがあります。

 

・雪や風に強い

・(LEDライトなので)コスト削減や省エネができる

・輸送コストが安い

・保管スペースが小さい

・製造コストが安い(従来の信号機より10%程度安くつくれる)

 

信号機1つは小さなもので、超高層ビルのように街の景観を大きく変えてしまうものではありません。

 

ですが、126万台すべてが新型に変われば街のイメージは変わりますし、コスト削減や省エネが実現できれば、その影響力はかなりのもの。「街を変える」のにも、いろいろな方法があるのですね。

地下道や地下の建物は、どうやって作ってる?

虎ノ門でのお散歩で気になった建物…ではないのですが、もうひとつ気になったものがあるので、紹介させていただければと思います。

 

東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」を出て目の前の虎ノ門交差点には、無数の赤い三角コーンと黄色&黒の立ち入り禁止のバリケードが設置されています。

 

 

前日までのブログ記事を読んでいただいている方なら、もうおわかりかと思いますが、

 

・虎ノ門駅に新しい出口をつくる

・新駅「虎ノ門ヒルズ駅」をつくる

 

という2つの理由で、桜田通りとその歩道では地下通路、出口をつくるための工事がいたるところで行われています。

 

 

どんな工事をしているのか見てみたくて、いろんな場所や角度から写真を撮ってみたのですが、

 

 

 

 

ネットや仮囲い、フェンスに阻(はば)まれて、いまいちよくわかりません。

 

というわけで今回は、地下道や地下の建物をつくる際の地下工事がどのように行われるのかについて調べてみました!

 

地下工事には主に、2種類あります。

 

(1)逆打(さかうち)工法

1階の床を最初につくって、そこから地上階と地下階を同時に進める工法

 

(2)順打(じゅんうち)工法

建物を建てる深さまでの土を、重機ですべて取りのぞき、地下の一番下の階から地上へと順番に建物を建てていく工法

 

参考:鹿島建設ホームページ

https://www.kajima.co.jp/enjoy/const_archi/tour/course02/underground01/groundwork/index.html

 

どちらの工法で行うにしても、周辺の地盤が崩れないように、まずは仮設の壁をつくります。

 

その後、建物の壁を作るために、仮設の壁一面に鉄筋を固定。コンクリートを流すための型枠を作り、コンクリートを流し込みます。

 

あとは、コンクリートが固まるのを待つだけ。固まったら型枠を外して完成です!

 

仮設の壁をつくる以外は、地上での工事とあまり変わりませんが、土を掘り出したり、崩れてこないようにするのが、とてもたいへんなのだとか。

 

地下鉄や地下道が増えるのは便利なことですが、それも、建設現場で働くみなさんのおかげですね。改めて、建設というお仕事の大切さを実感しました。

虎ノ門は、ただいま再開発の真っ最中!

ブログ記事ではこれまで、渋谷や田町、東京駅(八重洲口)などの再開発の様子をお伝えしてきましたが、霞ヶ関のお隣「虎ノ門」でも大規模な再開発プロジェクトがいくつも進んでいます。

 

東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」3番出口を出たところにある虎ノ門交差点では、地上24階・地下3階、高さ120mの超高層オフィスビル「東京虎ノ門グローバルスクエア」が建設中。

 

 

2020年6月の竣工を控え、1階のエントランス部分の工事が急ピッチで進められています。

 

 

虎ノ門交差点から霞ヶ関と逆方向に向かうと、金刀比羅宮(ことひらぐう)が見えます。

 

 

立ち寄りたい気持ちはやまやまなのですが、今日はお目当ての神社があるので、我慢、がまん。

(なんとなく、1日に2つの神社に行くのって、縁起が良くない気がするのは私だけでしょうか?)

 

ここから虎ノ門2丁目方面へ向かう途中の道には、大規模な建設現場や、

 

 

タワークレーンがいくつもある建設中の超高層ビルを見ることができます。

 

 

それもそのはず、虎ノ門交差点から3丁目までで、7つものプロジェクトが進んでいるのですから。

 

引用:

https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20181205_120.pdf

 

プロジェクトの一番の要となるのが、新設される「虎ノ門ヒルズ駅」。

いったいどのような駅、そして街ができるのでしょうか?

明日のブログ記事で、詳しくご紹介いたしますので、ぜひ、ご期待ください!

官民一体で街をつくる!都市再生特別地区(竹芝地区)

今日は仕事で浜松町に行く機会があったので、以前のブログ記事でお伝えした浜松町と竹芝を結ぶペデストリアンデッキ(歩行者デッキ)の様子を見にいってきました。

 

橋桁(はしげた)や橋脚(きょうきゃく)の工事はほぼ終わっており、

 

 

あとは、浜松町駅との接続を待つばかり。

 

 

ちなみに、浜松町駅は橋上化されてペデストリアンデッキと接続されます。

 

引用:

https://tech.nikkeibp.co.jp/kn/atcl/knpnews/14/660651/00032/?SS=imgview&FD=1422774646

 

全面ガラス張りの歩行者デッキを歩くのは、さぞや爽快でしょうね。

 

引用:

https://www.kajima.co.jp/news/press/201807/9a1-j.htm

 

ペデストリアンデッキの竣工まで、あと6ヵ月(2020年6月竣工予定)。

そこで、前回の記事で少ししかお伝えできなかった、ペデストリアンデッキの中間地点に建設中の業務棟(A街区)と住宅棟(B街区)についても、詳しく調べてみました。

 

●業務棟(A街区)

階数/高さ:地上39階、地下2階/約210m

事務所、店舗、ビジネス支援・交流施設、起業支援施設、新産業貿易センターなど

 

●住宅棟(B街区)

階数/高さ:地上21階/約100m

住宅、サービスアパートメント、シェアハウス、子育て支援施設など

 

ふつうのオフィスビルと違うのは、行政と民間企業が連携して地域を盛り上げたり、防災の拠点としての機能を兼ね備えていることです。

 

<都市再生特別地区(竹芝地区)が目指す4つの目的>

(1)官民合築・連携による産業振興とにぎわい創出

・新産業貿易センターと民間施設の一体的整備

・コンテンツ産業における研究開発・人材育成・ビジネス交流機能の整備

・エリアマネジメントによるまちづくりの推進

 

(2)浜松町駅・竹芝駅・竹芝ふ頭・にぎわい空間をつなぐ歩行者ネットワークの整備

・バリアフリーの歩行者デッキとにぎわいを創出する多様なオープンスペース等の整備

 

(3)防災対応力の強化とエネルギーネットワークの整備

・竹芝ふ頭の災害時海上輸送機能と連携した広域的な帰宅困難者支援等の実施

・帰宅困難者等の支援機能の整備

・自立分散型エネルギーの導入

・エネルギーネットワークの構築

 

(4)環境教育の拠点形成と環境負荷低減への取組

・生物多様性保全の取組をいかした環境教育の実施

・環境負荷低減への取組

・緑豊かな都市環境づくり

・地産地消への取組

 

参考:https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/tokyoken/tokyotoshisaisei/dai1/shiryou4.pdf

 

この中でも、個人的に注目しているのが、「防災対応力の強化とエネルギーネットワークの整備」事業です。

 

A街区(業務棟)に6,300人を受け入れられる一時滞在施設と、4,000人を収容できる一時滞留スペースを整備。さらに、250平方メートルの備蓄倉庫も作られるそうです。

 

もちろん東京都で働いている人々すべてに対応できるわけではありませんが、こうした施設がいろんな場所にできれば安心ですよね。

 

もうひとつ気になっているのが、A街区(業務棟)につくられる、にぎわいオープンスペース(テラス)。

 

 

超高層ビルに囲まれたテラスで、どんな景色が見られるのか。今からワクワクしています。

駅が変わり、街が変わる

今日も昨日に続き、原宿駅の改良工事についてお届けします。

 

原宿では駅前地区でも再開発が進んでいて、表参道改札から竹下口へ向かう坂道でも、大規模な建物が建設中です。

 

引用:

https://www.nttud.co.jp/news/detail/id/n20932.html

 

2020年2月の竣工を目前に控え、完成間近といったところです。

 

 

建物の名称は「WITH HARAJUKU(ウィズ ハラジュク)」。お店や飲食店、イベントホールなどが入居し、4階以上は賃貸マンションとして貸し出されるそうです。

 

 

引用:

https://www.nttud.co.jp/news/detail/id/n24447.html

 

代々木公園や明治神宮、表参道、さらには新宿・渋谷を一望できるなんて、最高に素敵ですよね。

 

■WITH HARAJUKU

敷地面積:5,000平方メートル

規模:地下3階、地上10階

高さ:103m

建築主:NTT都市開発

設計:竹中工務店、伊東豊雄建築設計事務所

施工:竹中工務店

 

マンションからの眺めを妄想しつつ、竹下口に向かいます。

雨の日の朝9時でも、こんなにたくさんの人出があるのは、さすが竹下通りといったところでしょうか。

 

 

高級ブランドやおしゃれなセレクトショップが多い表参道に比べ、竹下通りはワンコインで洋服が変えてしまうお店も多く、学生の頃は本当に足繁く通っていました。

(買い物だけでなく、クレープを食べるのも楽しみのひとつでした)

 

今回の改良工事、再開発では、竹下口は何も変わらないとのことでしたが、人の流れが変われば、街もまた変わっていきます。

どんな風に変化していくのか、楽しみに見守りたいと思います。

 

最後に、竹下口を写真に収めて、原宿駅のお散歩は終了!

 

 

このまま、改良工事中の千駄ヶ谷駅に向かいたいと思います。

掘り出し物、発見!

東京駅・八重洲口と八重洲エリアの再開発現場をたっぷりと楽しんだあとは、丸の内側に向かいます。

 

いつもは、東京駅構内の連絡通路を使うのですが、せっかくのいいお天気なので、外を歩くことに。

 

グラントウキョウサウスタワーのほうに向かって歩き、線路の高架(鍛治橋)の下をくぐりぬけ、右に曲がると「KITTE 丸の内」が見えてきます。

 

 

さらに先に進むと、新丸ビルが目の前に!

 

 

さらに50mほど進むと、丸ビルが現れます。

 

 

丸ビルと新丸ビルは全体を写真に収めるのが難しく、いろいろ試行錯誤していたのですが、まさかこんなところからベストショットが撮れるとは!

思わぬ掘り出し物を見つけたような嬉しい気分になり、もう少しお散歩を続けることに。

 

外が暑くなってきたので行幸通りから地下に入ったところ、ここでも掘り出し物を発見!

 

行幸地下ギャラリーでは通常、世界の駅の風景を映した写真が展示されているのですが、今日見に行ったところ、期間限定でスターウォーズ展が開催中だったのです!

 

 

ルーク・スカイウォーカーやC3PO、R2-D2のフィギュアに、

 

 

ナブー女王のパドメ・アミダラ。

 

 

ちょっと変わったところでは、ストームトルーパー(帝国に対して揺るぎない忠誠を誓う騎兵)の兜なんていうアイテムも。

 

 

もちろん、ライトセーバーもありました!

 

 

それにしても、展示というのはおもしろいものですね。

商品を売るお店では、きれいに整頓して、びっしりと棚に並べてありますが、展示では違います。

 

上下左右にランダムに目が動くように物が配置されていたり、

 

 

世界観を演出するために、たったひとつのフィギュアが置いてあったり。見る人を楽しませる工夫がたくさんされている気がしました。

 

 

機能だけを重視するのではなく、人々を楽しませるという視点は、建築物にも活かせそうですよね。

 

*行幸地下ギャラリーのスターウォーズ展は2019年12月25日まで開催中です。

NTTのマンホールの下には何がある?

みなさんは、マンホールの下に何があるか、ご存知ですか?

 

引用:

http://www.kouken-nagoya.com/blog/v/57/

 

蓋をあけると、下に行くためのステップがあって、地下道が続いている…アクションものの映画などで、よくあるシーンですよね。

 

マンホールは、Man=人+Hole(穴)という意味で、地下に埋められている設備を点検・管理するために人が出入りする穴のこと。水道管や汚水用の配管だけでなく、消火用の水道管やガス管などの用途別に分かれています。

 

では、こちらのマンホールの下には、何があるかご存知でしょうか?

 

 

真ん中にある「NTT」のロゴを見れば、わかりますよね?そう、この下には通信ケーブルが埋まっているんです。

 

ケーブルの引き込みや引き抜き、接続の作業をするときに使用するもので、なんと70万枚もあるとのこと。

 

ちなみにマンホールの中は地下道のように繋がっているのではなく、部屋のような空間になっています。空間の長さは最大10mで、それより長いものは「とう道」と呼ばれ、巨大なトンネルのような形状をしているそうです。

 

さて、マンホールに話を戻しましょう。写真をよく見ると、「T」がたくさんならんだ模様になっていることがわかると思います。

 

 

現在はこの「T」を組み合わせたデザインのマンホールが主流ですが、10年後、20年後には、このマンホールがなくなっているかもしれません。

 

実はNTTでは、ちょうど2年前に、新しいマンホール「テーパーダイア鉄蓋」を開発し、グッドデザイン賞を受賞。2018年から順次、マンホールの取り替えを始めているんです。

 

テーパーダイア鉄蓋

引用:

https://www.sankeibiz.jp/business/news/171019/bsj1710190500003-n1.htm

 

テーパーダイア鉄蓋はこれまでの3倍、長持ちする優れもの。維持や管理にかかる費用を抑え、さらに点検もしやすくなるそうです。

 

これまでのT模様のマンホールが見れなくなってしまうのは、少し寂しい気もしますが、便利になるというのは素敵なことですよね。まだ新しいデザインのマンホールを見る機会には恵まれていないのですが、見つけたら、ブログ記事でご報告させていただきたいと思います!

松葉杖生活になって、初めて知ったこと&経験したこと

しばらくブログ記事をお休みしてしまいまして、たいへん失礼いたしました。実は、骨折をしてしまい、お散歩ができるような状態ではなかったのですが、ギプスが取れて、いざ、お散歩に出発です!

 

 

最初の難関は、家の中にある階段です。

 

 

階段の幅が足のサイズより小さいので、体を横向きにしたり、足を斜めにしたりしながら、手すりにつかまって、そーっと、のぼったり降りたりしなくてはなりません。

 

無事に1階までたどり着いたら、続いて玄関に向かいます。

 

 

段差は平気なのですが、片方の足が曲げられないので、靴を履くのに一苦労。最初の頃は、靴を履くだけで1分以上かかっていました。

 

玄関さえクリアすれば、外でのお散歩は意外とスムーズなのですが、ひとつだけ気になったことがあります。

 

それが、歩道にある段差です。

 

 

この写真くらいの高低差があれば、事前に見つけて、階段のようにそーっと降りればいいのですが、これより低いものだと事前に察知できないことが多いんです。

 

そうなると、変なところに松葉杖を置いて滑らせてしまいそうになったり、足の力の入れ加減がわからず、負担をかけてしまったり。何回か同じ道を歩いていると慣れてくるのですが、初めての道はいまだに怖いです。

 

…と、なんだか「たいへんなこと」ばかり書いてしまいましたが、松葉杖生活になってからは、嬉しいことの方が多かったんです。

 

道を譲ってくれたり、「たいへんね、がんばってね。」と声をかけていただいたり。電車で席を譲られたのも、人生初!

 

日本ではバリアフリーが進んでいないと言われていますが、こんな風に、人がカバーできることってたくさんあるんですよね。私も元気になったら、助けを必要としている人の支えになろうと決意しました。

職人さんと地域住民の安全を守る!電線防護管

いつものように、建設現場や珍しい建物がないかと、上の方を見ながら歩いていて目に止まったのが、こちらの黄色い電線。

 

 

ふつう、電線は黒ですよね?

黄色の電線には、何か特別な意味があるのでしょうか。

 

気になりだすと、無意識で「黄色の電線」を探してしまうのか、あちらこちらで黄色の電線を見かけます。

 

 

共通しているのは、建設現場の近くにあるものは黄色の電線が多いこと。もしかするとこれは建設資材なのでは…と思って調べてみると、ありました!

 

防護管、防護カバーと呼ばれるもので、電線が近くにある場所でクレーンを使ったり、足場を設置したりなどの作業をする場合には、かならず設置しなくてはならないものだそうです。

 

もしも防護管を取り付けないで作業をして、万が一、電線に接触してしまった場合、

 

引用:

https://www.chuden.co.jp/resource/ryokin/densen_01.pdf

 

放電が起こり、感電や停電などの二次災害に繋がる可能性も!

現場の作業者はもちろん、地域住民の安全を守るためにも、電線の防護管は必要不可欠なものなんですね。

 

このブログ記事では、珍しい建物や再開発プロジェクトについてご紹介させていただくことが多いですが、建設現場の安全は何よりも優先されることです。

 

というわけで今後は、「安全」の観点からも建物や建設現場について考えたり、ご紹介させていただきたいと思います。

名古屋ではメジャー?カウント型歩行者用信号機

先週のブログ記事で名古屋駅前の建物や名古屋城についてご紹介しましたが、実はもうひとつ、とても珍しいものがあったんです。

 

 

歩行者用の信号機なのですが、左側に数字が表示されています。

 

ご想像の通り、緑の時には「横断できる残り時間」が表示され、赤の時には「緑になるまでの待ち時間」が表示されるのですが、こんな風に数字で表示される信号機は、東京ではあまり見かけません。

 

東京でよく見かけるのは、こちらの砂時計タイプ。

 

引用:

https://blogs.yahoo.co.jp/ooito115_trasig/32570715.html

 

砂時計の目盛の数はどの信号機も同じくらいなのですが、一目盛あたりの秒数が違うので、一見しただけではどのくらいの時間、待つことになるのかはわかりません。

 

それに引き換え、名古屋で見つけた信号機なら、すぐに待ち時間がわかります。

 

さらに調べてみたところ、数字で表示されるタイプの「カウント型歩行者用信号機」が登場したのは2006年8月29日で、なんと名古屋駅前に設置されたのが全国初とのこと!建設好きとしては、運命的なものを感じてしまいます。

 

カウント型については、全国的にはあまり要望がなく広まらなかったそうですが、事故防止や暮らしやすさに繋がる新しい技術は、どんどん導入してほしいですね。今後、どんな風に信号機が進化していくのか、楽しみです!