江戸切子の透明網棚で車内を明るく&安全に!

ふだんはあまり電車の網棚は使わないのですが、この日は、両手に抱えるほどの荷物を持っていたので、網棚に載せることに。

そこでふと顔を見上げると…。

 

網棚が透明になっているではありませんか!!

 

私が知っている網棚は、名前の通り網の目になっているものか、棒を並べたタイプのものだけ。

もしかしたら、以前にも透明タイプを見ていたのかもしれないのですが…やはり、意識を向けないと気づかないものですね。

 

このタイプの透明網棚を採用しているのは日比谷線13000系という車両で、2017年3月から運転が開始されています。

 

透明のガラスに江戸切子の模様を描いた美しい網棚で、光を通して開放的に見せることを狙ったのだとか。

 

ですが、目的は景観だけではないようです。

ひとつは、荷物が残っているのが一目でわかること。電車内に忘れ物をした場合は駅の係員が探してくれますが、その時間が短縮できます。

 

もうひとつのメリットが、不審物や危険物を発見しやすいこと。地下鉄サリン事件以降、鉄道各社では乗客に向けても「不審物を発見したら駅係員にお知らせください」というアナウンスをしています。

 

透明であれば下からも見やすいので、乗客でも見つけやすくなるというわけですね。

 

デザイン性と機能を兼ね備えた「透明の網棚」。ほんのちょっとの工夫で、世の中が便利になる事例をまたひとつ発見して、嬉しくなりました。

クレーンの種類の多さにびっくり!

歩道橋を歩いていると、高架下に資材置き場を発見!

クレーンを上から撮れる機会なんてめったにないシャッターチャンス!というわけで、パシャり。

 

先端部分についたフックを見れば、クレーンであることは一目瞭然。建設好きにとっては、基礎中の基礎ともいえる知識ですからね。

 

ですが、ひとくちにクレーンといってもさまざまな種類があります。写真のような小型のものから、トラックに積まれているもの、さらに海上でも巨大なクレーンを見かけますよね。

 

いい機会なので、クレーンについて調べてみることにしました。

 

■ホイールクレーン

吊り上げ荷重0.5t以上の移動式クレーン

 

■ラフタークレーン

ホイールクレーンと同じ移動式のクレーンで、整地されていない荒れた地面での走りが得意

 

■トラッククレーン

トラックにクレーンを搭載した建設機械で、車体操作とクレーン操作の運転席が別になっている

 

■クレーン車

トラックのキャビンと荷台の間にクレーンを取り付けた車両のこと。吊り上げ能力は3t未満くらいのことが多い

 

■鉄道クレーン

鉄道のレールを走行できる移動式のクレーン

 

■クローラークレーン

キャタピラーの上に台車とクレーンがついたもの。速度が遅いため、公道は走れない

 

■浮きクレーン

水上を移動できるクレーンで、湾岸や河川での土木工事に使われる

 

私が見たのは、キャタピラーがついていたクローラークレーン。公道は走れないものの、安定性抜群で、地盤が不安定な土地でも楽に走行できるそうです。

 

クレーン車を大まかに分けただけでも、なんと7種類!建設機械の世界はまだまだ奥が深い…トラクターやショベルカーについても、機会があればぜひ、調べてみたいと思います!

渋谷の街が膨らむ!?

今日のブログでは、昨日ご紹介した「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURASU)」について、詳しく調べてみたいと思います。

 

建設現場の仮囲いには、ビルのイメージ図もありました。それが、画面の一番上にある写真です。

 

 

2019年秋に竣工予定であることと、おしゃれで近代的なビルであることはわかるのですが…これではさすがに、何もわかりません。

 

というわけで、東急不動産のホームページを見てみると…ありました!

 

  • 敷地面積:約3,336平方メートル
  • 延床面積:約58,970平方メートル
  • 階数:地下4階〜地上18階
  • 高さ:約103m
  • 施工者:清水建設株式会社

 

引用:

https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20181115-2.pdf

 

高さ103mとは、想像以上に超高層なビル!建設好きの血が騒ぎます。

 

ちなみに、2〜8階、17・18階には東急プラザを含む商業施設が入り、9〜16階のオフィスフロアにはGMOインターネットグループがテナントとして入ることが決まっています。

 

さらにこのプロジェクトでは、周辺地域も再開発するとのこと。渋谷駅とビルを結ぶ連絡デッキや、渋谷駅周辺エリアを上下左右に移動しやすい歩行者ネットワークを構想しているそうです。

 

これが実現すれば、渋谷は駅構内だけでなく街全体が、安心して歩いたり生活できる街に生まれ変わるはず。

 

「渋谷を訪れるすべての人々の幸福を大きく膨らませていきたい」という想いが込められた渋谷フクラスを中心に、渋谷の街が大きく成長していく。想像しただけでも、ワクワクしてきますね。

渋谷道玄坂一丁目発・ウォームジャパン始動!

以前のブログで、渋谷駅が新しくなったことをお伝えしましたが、渋谷は街全体も大きく変わろうとしています。

 

西口を降りて一番最初に目にするのが、巨大な仮囲いに描かれたイラストです。

 

右半分は昔話に出てくるような世界、そして右半分は近未来の都市が描かれています。

 

「なんのイラストだろう?」と考えながら、仮囲いに沿って歩みを進めていくと、“Warm Japanを、道玄坂一丁目から”というキャッチコピーが目に飛び込んできます。

 

 

クールジャパンならぬ、ウォーム(あたたかい)ジャパンを道玄坂一丁目から発信していこうというメッセージで、再開発に込めた想いが綴られています。

 

*ウォームジャパンとは?

日本ならではの、あたたかいおもてなしやサービスと、現代的な完成や先端技術を組み合わせて、日本の文化として世界に発信していく。

 

ウォームジャパンの説明を読めば、イラストの謎もすっきり!あたたかさと最先端が組み合わさったイラストになっている、というわけですね。

 

謎が解明されたところで気になってくるのが、この仮囲いの中で何をつくっているのか?

 

調べてみたところ、東急不動産主導でビッグプロジェクトが進んでいるようです。

ビルの名称は2018年11月に「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURASU)」に決まったばかりとのこと。

 

*東急不動産プレスリリース:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 ビル名称を「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」に決定

https://www.tokyu-land.co.jp/news/2018/000942.html

 

プロジェクトの全貌は…かなり長くなってしまいそうなので、また明日お伝えしたいと思います!お楽しみに!!

地下鉄の水対策は完璧!

春がだんだんと近づいてきて、雨の日も多くなってきましたよね。となると、自然と意識が「水」に向かいます。

 

ブログ記事のトップにある画像、みなさんも駅でよく見ているものなのですが、なんだかわかりますか?

 

わかりづらいので、もう少しだけクローズアップしてみますね。

 

 

地下鉄の線路内を撮影したもので、柱や壁に沿って等間隔に水路がつくってあります。

 

ご想像のとおり、地中から湧き出る水を排水するための水路で、同じようなものは車が通るトンネル内にもあるそうです。

 

ここで気になったのが、地上の水が大量に地下に入ってきてしまったら、どうなってしまうのか?ということ。

 

昨年7月の西日本豪雨では、10箇所以上で72時間の総雨量が632mmを記録したそうですが、同じことが東京で起こる可能性は十分にあります。

 

そこで東京メトロの水対策について調べてみました。ホームページを見ると、換気口、駅の出入り口、トンネルで止水対策を行なっているようです。

 

メトロの水害対策

https://www.tokyometro.jp/safety/prevention/wind_flood/pdf/measures.pdf

 

■換気口

約950箇所の換気口に浸水防止機を設置。

洪水警報や大雨警報発令時に、遠隔で閉めることができる。

 

■駅の出入口

高さ1mの止水板に加え、3mの浸水が想定されている地域の駅には、出入口を完全に遮断できる密閉式の防水扉を設置。

 

■トンネル

トンネルの入り口・出口とトンネル内に、防水ゲートを設置。

 

こうした対策ができるのも、日々、研究や工夫を重ねている研究者や技術者のみなさんがいるからこそ。安全に暮らせる街づくりには、やはり建設の力が欠かせないと、改めて感じました。

大都会の真ん中でピクニック!

歩行者天国といえば、東京では銀座・中央通りが有名ですが、丸の内・仲通りでも2015年から歩行者天国を実施しています。

 

*この日はちょっと寒くて、人通りが少なかったのですが…ふだんは↓こんな感じ↓で、明るくにぎやかです。

 

引用:
http://tokyo-marunouchi.jp/ja/facilities/228

 

木漏れ日の中で、おしゃべりをしたり、ランチを食べたり。その様子は、さながら巨大なオープンカフェ。

 

平日の午前11時〜午後3時、土曜・日曜・祝日は午前11時〜午後5時まで車両通行止めとなっており、仕事の合間のランチにも利用できます。

 

丸ビルのお店や、仲通りに出ているキッチンカーでテイクアウトのお弁当を買ってベンチに座れば、気分はピクニック♪息抜きするにはもってこいの場所ですね。

 

ちなみに、クリスマスやお正月、夏祭りの時期には、コンサートやイルミネーションなどのイベントを定期的に開催しています。

 

特に秋のコンサートは最高!屋外で聴くバイオリン、ヴィオラ、チェロの三重奏は、なんとも軽やかで楽しいものでした。

 

丸の内にお立ち寄りの際は、ぜひ仲通りに足を運んでみてください。都会の喧騒から離れて、ゆったりした時間が過ごせるはずです。

ついに完成!下北沢駅の新駅舎

学生の頃はよく遊びに行っていた、下北沢。約3年ぶりに駅に降りてみてびっくり!駅の改良工事が行われていて、屋根から光が降り注ぐ素敵な建物になっています。

 

訪れた時は仮囲いがとれていない状態で、残念ながら外観の写真は撮れなかったのですが、3月16日(土)には新しい改札がオープンするとのこと。この記事が掲載される日には、新しい駅舎も公開されていると思います。

 

とは言っても、新しい駅舎を一刻も早く見たい!というわけで調べて見たところ、下北沢駅の外観イメージを見つけました。

 

引用:
https://trafficnews.jp/post/82475

 

さらに、下北沢駅の地下工事情報を伝える「シモチカナビ」では、完成イメージのCGも公開しています。
https://youtu.be/JFLHFuppszw

 

駅のCGを360度、上からも下からも映し出した動画で、内部の構造などもわかりやすく紹介されています。

 

この「シモチカナビ」では、完成予定やお知らせはもちろん、工事を担当している会社や所長さんまで載っています。
http://www.shimochika-navi.com/02_now/index.html

 

所長さん自身は恥ずかしいかもしれないですが…作ってくれている人を知ることで、強い興味や愛着が湧いてくるから不思議なものですね。

 

4月以降には新駅舎が完全にオープンするとのことなので、その頃にまた改めて、下北沢を訪れてみようと思います。

NIKEストアは、まるで巨大工場!

昨日のブログ記事で紹介した三井アウトレットパーク木更津では、20店舗ほどお店を見て回りました。

 

その中でも特にワクワクしたのが、NIKE ファクトリーストアです。

 

引用:
https://www.a-factory.com/english/works/brands/nike-kisarazu.html

 

「Factory」という名の通り、ずらりと並んだ靴箱や、むき出しの天井とランプが工場っぽくて、見ているだけでもワクワクしてきます。

 

 

この「スケルトン天井」は、カフェなどの飲食店やオフィスでも取り入れていたりと、近年とても流行っているそうです。

 

ただし、空調の効率が下がったり、原状回復費用が多くかかってしまうというデメリットもあるのだとか。
見た目を重視するのか、機能を重視するのか…洋服と同じような悩みが建物にもあるんですね。

 

建物自体ではないのですが、もうひとつ、おもしろいお店を発見!NIKEと同じスポーツプランドの「アンダーアーマー」です。

 

 

これ、なんだかわかりますか?

 

わたしの靴が映ってしまっているので、もうおわかりかと思いますが…靴を試着する椅子の下に、鏡がついているんです。

 

椅子ごとに鏡がついているので順番を待つ必要もないですし、他人の視線を気にすることもなく、快適に試着ができるというわけ。ほんのちょっとしたことですが、なかなか思いつかない工夫ですよね。

 

道具でも、建物でも、こうしてさまざまな工夫が重ねられて今の便利な世の中ができているんですよね。改めて、モノづくりをしているみなさまに感謝です。

郊外のアウトレットモールは、お散歩にもぴったり!?

都心から東京湾アクアラインを通って、約45分。「三井アウトレットパーク木更津」にやって来ました!

 

実は、木更津のアウトレットパークは2018年の10月26日にリニューアルオープンしたばかり。新たに73店舗がオープンし、国内最多の308店舗が出店しています。

 

気になるお店を覗きつつも、建設好きの私としては、やはり建物や敷地内の景観が気になってしまいます。

 

 

敷地の周囲は工場や倉庫を思わせるような柵でぐるりと囲んであり、南国を思わせるようなヤシの木が、そこかしこに植えてあります。

 

 

さらに「ガーデンテラス」と呼ばれる休憩スポットには、緑がいっぱい。もう少し暖かい季節になったら、ジュースを飲んだり、アイスクリームを食べたりするのに良さそうです。

 

それにしても…なんという広さ!
もともと敷地が広いのもあるのですが、

 

<2012年のオープン時>
敷地面積:約215,000平方メートル
延べ床面積:約36,670平方メートル
店舗面積:約28,000平方メートル

 

<2018年のリニューアルオープン時>
敷地面積:約215,000平方メートル
延べ床面積:約63,980平方メートル
店舗面積:約45,800平方メートル

 

…と、リニューアルで約2倍の広さに!

 

たった4時間でしたが、万歩計が15,000歩を超えていました。お買い物だけでなく、散歩にもぴったりの場所ですね。

 

同じアウトレットモールでも、都心に近い「三井アウトレットパーク幕張」はかなりコンパクト。

 

敷地面積:約22,100平方メートル
延べ床面積:約31,600平方メートル
店舗面積:約22,700平方メートル

 

延べ床面積は木更津とほぼ同じですが、敷地面積は1/10ほど。2階、3階のフロアを作ることで、延べ床面積を広く取っています。

 

都心は上に高く、郊外は横に広く。同じアウトレットモールでも、都心と郊外ではこんな違いがあるのですね。今後も、いろんな建物や道路を比べてみるとおもしろそうです。

日本橋室町の新しい顔「日本橋室町三井タワー」

街全体で再開発が進む日本橋は、散歩のたびに新しい発見があります。今回見つけたのは、建設好きなら誰もがワクワクする超高層ビル!

 

場所は、日本橋室町3丁目。

 

 

日本橋三井タワーの目の前には、完成間近のビルがそびえ立っています。

(建物のエントランスは仮囲いがして見れませんでした…残念!)

 

こちらも三井不動産が開発するオフィスビル・商業施設で、敷地面積 約11,480m2、延床面積 約168,000m2、地上26階、地下3階建の大規模複合プロジェクト。

 

名称は「日本橋室町三井タワー」で、地下1階〜地上2階には商業施設「COREDO室町テラス」が2019年秋にグランドオープンするそうです。

 

<日本橋室町タワー外観イメージ>

 

*参考:三井不動産 プレスリリース

https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2018/1015_01/index.html

 

台湾から日本初出店する「誠品生活」がテナントとして入るなど、施設の目玉はいろいろとあるのですが…やはり気になるのは、約1,500 m2の大屋根がついた広場です。

 

<大屋根空間イメージ>

 

イメージパースを見ると、透明の大天井から光が差し込む緑あふれる空間になっています。こんなところでランチを食べられたら…素敵ですよね。

 

最近、東京で新しく建設されるビルは、日本橋三井タワーのように緑を意識した設計になっているものが多いように感じます。建設も、散歩も好きな私としては、都会の中の緑が増えるのは何よりも嬉しいことです。