世界最大のブルドーザー、KOMATSU D575A

昨日のブログ記事で予告した通り、世界最大のブルドーザーをご紹介します。

 

それがこちら!コマツの「D575A」です。

 

引用:

https://golden-zipangu.jp/japan-big0828

 

引用:

http://www.komatsu-kenki.co.jp/products/bulldozer/D575A-3.html

 

機械質量:131.35トン

全長:12.09メートル

全幅:5.88メートル

全高:4.88メートル

 

一般的な路線バス(全幅2.5メートル)の倍以上の幅があり、重量(質量)は10倍以上にもなります。

 

あまりにも巨大なため、移動・運搬するときは分解するのだとか。分解と組み立てだけでもかなりの時間がかかりそうですよね。いつかこの目で見てみたいものです。

 

コマツといえば、最先端のICT技術を使った建設機械を開発していることでも有名です。

 

建設機械、重機といえば、複雑なレバー操作を覚えたり感覚を掴むのに10年はかかるといわれていますが、コマツのICTブルドーザーなら、タブレットのタッチパネルで操作が可能。運転席に座る必要すらないんです。

 

この自動運転は鹿島建設が進めている「A4CSEL」(*)によって実現。リモコンで操作をするのではなく、ボタン一つで指示を出すだけであとは機械が自動で運転や作業をしてくれます。

 

*A4CSEL(クワッドアクセル) =Automated / Autonomous / Advanced / Accelerated Construction system for Safety , Efficiency , and Liability

 

引用:

https://www.kajima.co.jp/tech/c_ict/automation/index.html#!body_01

 

この技術があらゆる建設機械で応用できれば、現場の作業負担は減りますし、より安全に作業することもできるようになります。いったい未来の建設現場はどのようになるのでしょうか。楽しみですね。

 

 

土を平らにするだけじゃない!ブルドーザーの役割

建設現場に欠かせないブルドーザー。よく見かけるもののきちんと調べたことがなく…。というわけで今回は、ブルドーザーについて徹底調査してみました!

 

引用:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC

 

ブルドーザーといえば、土を平らにする(ならす)ものだと思っていたのですが、そのほかにも、削る、押すといった作業をすることができます。

 

さらに、土工板(上の写真の銀色の部分、ドーザまたはブレードともいいます)やトラクタ部分の後ろにアタッチメントを取り付けることで、もっといろいろなことができるのだとか。

 

<代表的なアタッチメント>

・パワーアングルチルトドーザ

左右に向きを変えられるブレード。押し出した土を左右どちらにも流すことができる。

 

・ストレートドーザ

1回で押し出せる量が多いブレード。頑丈な地面に向いている。

 

・Uドーザ

容量を大きくするために、Uから見てU字型にしたブレード。

 

・レーキドーザ

大きい岩石だけを押し出しやすいように前面がスケルトンになっている。

 

・リッパ

「爪」のようなアタッチメントで、後部に取り付けて岩石を掘り出します。

 

これはもう、土地をきれいに整える万能機械と言えるのではないでしょうか。

 

続いて、ブルドーザーの大きさを見ていきたいと思います。

 

引用:

http://www.komatsu-rental.co.jp/rental/lineup/bulldozer/

 

*以下は、建設機械の世界シェア第2位、日本シェア第1位のコマツのブルドーザーの例です

 

機械質量:19.25トン

全長:5.48メートル

全幅:3.86メートル

全高:3.34メートル

 

敷き鉄板や強化したプラスチック敷板なら問題ありませんが、コンパネ合板は割れてしまい、ゴムマットでも土地によっては沈んでしまう可能性があります。

 

乗用車の重さが1トン〜2トン程度なので、かなりの大きさであることがわかると思います。(小型のブルドーザーでも4トンくらいあるそうです)

 

ですが、驚くのはまだ早い!実はもっと大きなブルドーザーがあるんです。詳しくは明日のブログ記事でご紹介いたしますので、ぜひご覧ください!

職人さん大図鑑① 建設現場の切り込み隊長!?「ボーリング工」

外出自粛でお散歩ができない今が、調べ物や勉強をするチャンス!というわけで、建設現場で活躍する職人さんについて調べてみたいと思います。

 

まずは、建設現場の工事の流れやどんな職人さんがいるのかを調べるため、こちらの本を購入しました。

 

『施工がわかる イラスト建築生産入門(彰国社)』

 

イラストがたくさん載っていて、私のような素人にもわかりやすい言葉で説明してあります。

 

ではさっそく、建設の流れについてまとめておきたいと思います。

 

▼着工

▼準備工事

・地盤・敷地調査工事

・仮設工事(仮設足場)

・仮設工事(測量)

▼山留め工事

▼杭工事

▼土工事(採掘工事)

▼地下躯体工事

・型枠工事

・鉄筋工事

・コンクリート工事

▼地上躯体工事

・鉄筋工事

▼外装仕上工事

・防水工事

・カーテンウォール工事

・石工事

・左官工事

・タイル工事

▼内装仕上工事

・建具工事

・ガラス工事

・塗装工事

・軽量鉄骨下地・内装・ALC工事

▼設備工事

・電気設備工事

・空気調和設備工事

・給排水衛生設備工事

・昇降機設備工事・機械式駐車設備工事

・防災設備工事

▼外堀工事

▼試運転・調整

▼検査

▼竣工

 

ひととおり流れがわかったところで、今日は準備工事のひとつである「地盤・敷地調査工事」を行うボーリング工について調べてみたいと思います。

 

●ボーリング工事とは?

大地に円筒状の穴をあける作業のことで、細長い筒状の採掘機器を使って行います。

 

引用:

https://www.hokuden-earth.co.jp/construct/boring/

 

●ボーリング工事はなんのためにする?

建物などの構造物を支えるにはしっかりとした地盤が必要です。そこでボーリング工事を行い、

 

・建物を建てる予定の土地の地盤が強固なものであるかどうか

・どんな基礎工事をすればいいのか

・基礎杭は何メートルのところに打てばいいのか

 

などを調べます。

 

つまり、ボーリング工事をすることで、地盤沈下して建物が傾いたり歪んだりすることを防げるというわけですね。

 

●ボーリング工事の方法

地面に円筒状の穴をあけ、1メートルごとにN値を測ります。N値は地盤の硬さを示す値で、高ければ高いほど地盤が強固だということになります。最終的には「支持層」と呼ばれる硬い地盤まで調査を行います。

 

ちなみにN値50〜60以上が5メートル以上続けば、支持層とみて間違いないそうです。(ねんどなどの粘性土は20〜30以上を基準とすることもあるそうです)

 

このボーリング工事を行うのが、ボーリング工。建設現場で一番最初に地面に穴をあける「切り込み隊長」といったところでしょうか。穴をあけるときにどんな気持ちになるのか、ぜひとも聞いてみたいものですね。