本物の木はど〜れだ?@日本橋室町三井タワー

昨日のブログ記事の続きで、一石橋(いちこくはし)から、日本銀行方面に向かって歩きます。(下の地図のピンクの線の道です)

 

 

日本銀行の本館は石積みレンガ造りの威厳のある建物で、

 

 

2階から3階部分の柱はコリント式(*)の華麗な装飾が施されています。(下の写真の青い囲みの部分です)

 

*コリント式:

ギリシア古典期の後期からヘレニズム時代にかけてみられる建築様式で、柱上部の複雑な装飾が特徴。

 

 

内部も見学できるというので予約をしていたのですが、コロナウイルス対策で見学は一時中止。見学が再開次第、改めてレポートしたいと思います。

 

それでは、最後の目的地に向かいたいと思います。

こちらの超高層ビル、ご記憶にある方もいるのではないでしょうか。

 

 

このブログで、ちょうど1年前に紹介した「日本橋室町三井タワー」です。

 

<日本橋室町三井タワー 概要>

所在地:東京都中央区日本橋室町3-2-1

敷地面積:11,480平方メートル

階数:地下3階、地上26階

高さ:142メートル

着工:2015年12月17日

竣工:2019年3月28日

設計:日本設計

施工:鹿島・清水・佐藤工業特定業務代行共同事業体

 

特徴的なのが、巨大なガラスでできた屋根がある「大屋根広場」です。

 

 

今日は残念ながら曇りでしたが、晴れた日には太陽の光が広場に差し込むようなつくりになっているのだとか。

 

 

ビルの顔となる広場には、たくさんの木々が植えられています。

 

 

広場のちょうど中央にも、新しい木が…と思って近づいてみると、

 

 

木の根元や幹の部分が鉄骨になっています。

 

 

どうやらこちらの木は、模造のようですね。まだ工事中なので見分けがつきましたが、遠くからだと本物の木そっくりに見えます。

 

*ちなみに、木の下にある敷板は鉄で、その周辺にはゴムマットが敷かれていました。わざわざ種類を変えたのには訳があるのでしょうか…こういう細かいところが気になってしまうのが、建設好きの性なんでしょうね。

 

どれが本物の木で、どれが模造の木なのか。探して遊んでみるのも、楽しいかもしれませんね。

白亜の橋「一石橋(いちこくはし)」

「常盤橋プロジェクト」のTower-Aをたっぷりと堪能し、次の目的地に向かいます。といいつつ、やっぱり気になってしまうもの。ちらちらと後ろを振り返って、写真を撮ってしまいました。

 

建物の構造を見られるのは、建設中の今だけ。

 

 

仮囲いから中を覗いてみると、隙間なく敷板が敷き詰められているのが見えます。

 

 

3基ものタワークレーンが超高層ビルに聳え立っている姿は、何度見てもかっこいいものです。

 

 

そうこうしているうちに、次の目的地に到着。下の地図のピンクで囲んだ場所が常盤橋プロジェクトの建設現場なのですが、すぐ隣の「一石橋(いちこくはし)」を見たかったのです。

 

 

一石橋は、江戸の初期にすでに造られていた橋で、橋上から8つの橋(常磐橋・呉服橋・鍛冶橋・一石橋・日本橋・江戸橋、銭瓶橋・道三橋)が見渡せたことから、「八つ見橋」と呼ばれ、江戸の名所になっていました。

 

歌川広重「八ツ見のはし」(名所江戸百景より)

 

引用:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E7%9F%B3%E6%A9%8B

 

もともとは木橋で、花崗岩を使った石張りの橋になったのが、1922年(大正11年)6月のこと。

 

その後、関東大震災でも落橋せずに使われていましたが、1964年(昭和39年)の首都高速道路の建設時に親柱や袖柱が撤去され、大正当時に作られた橋で残っているのは、親柱1本だけだそうです。

 

その親柱が、こちら。

 

 

造られた当時は、この親柱が4本あり、「白亜の橋」と呼ばれていたそうです。

 

白亜の橋を渡って、次は、日本銀行方面へ。最後の目的地に向かいます。

常盤(ときわ)橋で、「未来」を建設中!?

まずは、昨日のブログ記事の答え合わせから。

 

 

約1年前のブログ記事でご紹介した、「東京駅前常盤橋プロジェクト」のTower-A棟の建物です。

 

こちらのゴジラの写真を見れば、なんとなく思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

1年前は仮囲いのすぐ近くにクレーンがあったのが、

 

 

今ではこんなに高い位置に。

 

 

2021年の竣工に向けて、急ピッチで工事が進んでいるようです。

 

<常盤橋プロジェクトTower-A 概要>

所在地:東京都千代田区大手町2丁目

階数:地下5階、地上40階

高さ:212メートル

着工:2018年1月

竣工:2021年6月

設計:三菱地所設計

施工:戸田建設

 

以前にもお伝えした通り、このプロジェクトは10年かけて行われるビックプロジェクトです。

 

2016年に解体工事がはじまり、2017年にはTower-D(D棟)が着工(2022年竣工予定)。

 

 

続く2018年にはTower-A(A棟)が着工(2021年竣工予定)し、2023年からは日本ビル、朝日生命大手町ビルの解体工事と同時に、Tower-B(B棟)が着工します(2027年竣工予定)

 

 

最後はTower-C(C棟)の改修工事。これが2027年に竣工し、プロジェクトが完了。

 

 

完成まで、残り7年。このブログでも引き続き、経過を追っていきたいと思います。

 

最後にもうひとつ、素敵なものを発見したので、ご紹介させてください。

常盤橋プロジェクトの仮囲いにあった、戸田建設の広告です。

 

 

「ただいま、未来を建設中。」

 

僕たちは、ワクワクする未来をつくっているんだ。—そんなドラえもんの声が聞こえてきそうな、すばらしいキャッチコピーですよね。

 

場所によっては、丸くくりぬいた穴から建設現場が見えるところもあるので、ぜひ、探してみてください。

常盤(ときわ)橋と有名人の石像

今日は、あいにくの小雨。ですが、どうしても見に行きたい建設現場があると止まらないのが、建設好き。早速、目的地に向かいます。

 

やってきたのは、東京メトロ半蔵門線「三越前駅」。B1出口を出て、

 

 

 

すぐ右手にある、常盤(ときわ)橋に向かいます。

 

 

お気に入りポイントは、石造りのレトロな雰囲気と、親柱の上の部分には窓のようなものがついていて、なんとなくミニチュアの塔のようにも見えるところ。

 

近代的な建造物も大好きですが、同じくらい、レトロな建造物も大好きなんです。

 

常盤橋を渡ると、石像が建っています。

突然ですが、この石像の人物、誰だかわかりますか?

 

 

芸能人ではないので、さすがに顔を見ただけではわからないですよね。では、ヒントをひとつ。

 

お札に関することで有名な人。ここまで言えば、お分かりになった方もいるのではないでしょうか?

 

正解は、「渋沢栄一(しぶさわ えいいち)」。2024年度から流通する新一万円札の顔になる人物です。

 

ちなみに、一万円札の顔が変わるのは1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来、40年ぶりとのこと。裏側の絵柄は東京駅です。

 

引用:

https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1178987.html

 

なお新紙幣では、3Dのホログラムが新しく採用されるとのこと。3Dのホログラムが銀行券に導入されるのは世界初だそうです。

 

引用:

https://www.fnn.jp/posts/00044643HDK

 

建設好きの性質なのか、新しい技術と聞くと俄然、興味が湧いてしまうんですよね。

 

電子マネーやキャッシュレス決済が普及して、お札を使う機会は以前より減っているかもしれませんが、やはり新紙幣の誕生にはワクワクします。4年後が楽しみですね。

 

さて、ここまで来ると、今日のお散歩の目的地が見えてきます。

 

 

写真を見ただけでわかったあなたは、建設好きか、このブログの相当なマニアかも(笑)

答えは明日のブログ記事で発表いたします!!

泉岳寺〜品川お散歩⑤3月14日(土)についに開業!高輪ゲートウェイ駅

泉岳寺〜品川お散歩も、本日が最終回。品川駅・高輪口から泉岳寺駅に近づくと、きれいに敷板が並べられた工事現場の奥に、不思議な形をした屋根が見えます。

 

 

実はこの建物が、お散歩の目的地。これ以上、近づくことはできないのですが、別の角度から撮影してみたいと思います。

 

泉岳寺駅のA1出口を通り過ぎると、新しい道と「工事中」と書かれた信号機や、横断歩道が現れます。

 

 

ついに到着!こちらが本日の目的地、「高輪ゲートウェイ駅」です。(駅名が見えづらいのですが、特徴的な屋根が見えますでしょうか?)

 

 

高輪ゲートウェイ駅は、山手線では46年ぶり、京浜東北線では19年ぶりとなる新駅で、明日、2020年3月14日(土)に開業します。

 

駅の建築デザインを手掛けたのは、隈研吾さん。日本の伝統的な折り紙がモチーフの白い屋根が、ひときわ目を惹く、美しい建物です。

 

<駅舎外観>

 

<駅舎内観>

引用:

https://www.fashion-press.net/news/16477

 

高輪ゲートウェイ駅がすごいのは、建物だけじゃありません。

案内ロボットや清掃ロボット、新型の自動改札機、無人店舗「TOUCH TO GO」など、最先端の技術が集結するとのこと。

 

こちらは、駅の開業後に徹底調査したいと思いますので、お楽しみに!!(調査は3月下旬を予定しています)

泉岳寺〜品川お散歩④品川駅・高輪口の恐竜!?

昨日のブログ記事では、リニア中央新幹線の品川駅新設工事現場で見つけた建設機械「鉄筋篭(かご)建込機」について、ご紹介しました。

 

今日はもう少し、品川駅に近づいてみたいと思います。

品川駅の港南口には、私の大好きな超高層ビルが2つあります。

 

ひとつめは、品川インターシティA棟。楕円形のフォルムと、ガラスに反射して映し出されるビルが、とてもきれいなんです。

 

 

<品川インターシティA棟概要>

所在地:東京都港区港南2-15-1

階数:地下2階、地上32階

高さ:144.5メートル

着工:1995年6月

竣工:1998年11月

設計:日本設計、大林組

施工:大林組、清水建設、鹿島建設、長谷工コーポレーション

 

もうひとつは、品川イーストワンタワー。

 

 

<品川イーストワンタワー棟概要>

所在地:東京都港区港南2-16-1

敷地面積:10,238平方メートル

階数:地下3階、地上32階

高さ:151.6メートル

着工:2000年

竣工:2003年3月

設計:日本設計

施工:竹中工務店

 

品川インターシティと品川イーストワンタワー、2つの超高層ビルの間に立つと、恐竜に見られているような感覚に陥ります(恐竜に見られた経験はないのですが、あまりの大きさに息を飲んでしまうんです)。

 

ここまできたら、品川駅は目と鼻の先。港南口と高輪口の連絡通路である「レインボーロードを通って、高輪口に向かいます。

 

 

泉岳寺駅から品川駅までは、下の地図の青い矢印の道を通ってきましたが、今度は、ピンクの矢印を通って泉岳寺駅に戻ります。

 

 

実は、この道の右手側にお目当の場所があるのですが…ここまでくれば、そろそろピンと来た方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

品川バスターミナル付近から、右手にある線路を見ると、いくつもの工事車両が停まっています。

 

 

NTTドコモ品川ビルのちょうど反対側では、新しい道もすでに建設されています。

 

 

2020年3月14日に開業を控えている施設なので、工事も最後の仕上げといったところでしょうか。

 

おっと!ここまで言えば、みなさん、もうおわかりですね!

答えは明日のブログ記事で発表しますので、お楽しみに!!

泉岳寺〜品川お散歩③鉄筋篭(かご)建込機とは何をする建設機械?

芝浦公園の中を抜け、さらに品川方面に向かって歩いていくと、リニア中央新幹線の品川駅新設工事の様子を見ることができます。(下の地図の青い線の部分です)

 

 

そこで見つけたのが、こちらの建設機械。

 

 

左下の白いラベルに書いてある「鉄筋篭(かご)建込機」というのが、機械の名称のようです。

 

側面からも撮影してみたのですが、いまいち何をする建設機械なのかわかりません。

 

 

ここでさっそく、調査開始!

 

調べてみたところ、基礎杭を打ち込む過程で必要な「鉄筋かご」を挿入する機械だということがわかりました。

 

日本の軟弱な地盤では、重量のある建築物をささえるための基礎工事が必要で、その際に「基礎杭」を地面に打ち込みます。

 

基礎杭を打つ工法は、大きく分けて2つあります。

引用:

https://kyuken.jp/foundation/

 

●既成杭

パイルドライバ(三点式杭打機)にオーガマシンなどの駆動装置を装備し、コンクリートや鋼管製の既成の杭を沈設する方法

 

●場所打ち杭

現場で掘削した穴の中に鉄筋かごを挿入し、コンクリートを流し込んでその場で杭を作る方法

 

この説明を見ればわかるとおり、「場所打ち杭」で必要になるのが、「鉄筋篭(かご)建込機」です。

 

今回の建設現場では通常タイプの鉄筋かごを挿入しているようですが、最近は新しく、伸縮する鉄筋かごが開発されていて、先日ブログ記事でご紹介した渋谷駅改良工事では、これが使われたそうです。

 

引用:

https://www.kajima.co.jp/news/press/201812/5c1-j.htm

 

鉄筋かごの縮小時の長さは伸展時に比べ約1/4~1/6程度、ストランド自体が鉄筋に比べて軽量であるため、総重量も1/2~2/3となり、運搬や建て込み作業も楽になるのだとか。

 

実際、渋谷駅の工事では、工期として5日間を見込んでいたものが、5時間で終わったそうです。

 

すべての場所で使えるものではないのかもしれないですが、こうした工法や技術がどんどん広まってくれるといいですね。

泉岳寺〜品川お散歩②芝浦中央公園と3つのビル

昨日のブログ記事の答え…の前に、芝浦水再生センターの上部空間にある「芝浦中央公園」に向かいます(ここからだとビルがよく見えるんです)。

 

きれいに整えられた緑と背景のビルの眺めが美しいですね。

 

 

東京タワーもきれいに見えます。

 

 

さらに子ども向けの遊具まで!

背景に超高層ビルがあると、遊具というより芸術的なモニュメントに見えてくるから、おもしろいものです。

 

 

ここまで歩いてくると、昨日のブログ記事でご紹介したビルの真正面にきます。

 

 

かなりわかりづらいですが、上の方にある赤い文字を読んでみると「docomo」と見えます。そう、このビルはNTT ドコモのビルだったのです。

 

<NTTドコモ品川ビル概要>

所在地:東京都港区港南2-1

敷地面積:11,300平方メートル

階数:地下2階、地上29階

高さ:144.9メートル

着工:2000年3月

竣工:2003年3月

設計:NTTファシリティーズ

施工:鹿島建設、清水建設、大林組ほか

 

NTTドコモ品川ビルのちょうど向かい側、公園内にも超高層ビルがあります。こちらは「品川シーズンテラス」というビルで、NTTドコモ品川ビルと、ほぼ同じ高さです。

 

 

<品川シーズンテラス概要>

所在地:東京都港区港南1-2-6

敷地面積:49,457平方メートル

階数:地下1階、地上32階

高さ:144.3メートル

着工:2012年2月

竣工:2015年2月

設計:NTTファシリティーズ、大成建設、NTT都市開発ほか

施工:大成建設

 

品川といえば、もうひとつ、この企業も忘れてはなりません。世界のソニーです。

 

 

<ソニーシティ(Sony City)概要>

所在地:東京都港区港南1-7-1

敷地面積:18,165平方メートル

階数:地下2階、地上20階

高さ:99.4メートル

着工:2004年7月

竣工:2006年10月

設計:プランテック総合計画事務所

施工:清水建設ほか

 

ソニー本社ビルは「ソニーシティ(Sony City)」と呼ばれていて、高さこそ100メートルに届きませんが、オフィスの1フロアは東西100m、南北70mという異例の広さ。ちょうど横浜国際総合競技場(日産スタジアム)のサッカーグラウンドと同じ広さだそうです。

 

品川を代表する、そして、私も大好きな3つのビルを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

明日も、品川駅に向かってお散歩を続けます。

泉岳寺〜品川お散歩①建設現場と地下道

今日やってきたのは、都営浅草線・京急線「泉岳寺(せんがくじ)駅」。あるものを目的に来たのですが…今はまだ、秘密にしておきます。

 

お散歩の目的地がどこなのか、3月13日(金)のブログ記事でお伝えいたしますので、ブログ記事を読みながら考えてみてくださいね。

 

 

泉岳寺駅A4出口を出て、品川駅方面に向かいます(下の地図の青い線の道路を通ります)。

 

 

駅を出てすぐのところには、たくさんの仮囲いが設置されており、クレーンやショベルカーなどの建設機械も見えます。

 

 

 

どうやら解体工事をしているようですね。

 

 

道なりに進んでいくと、地下道が現れます。地下道の上には、山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線、東海道新幹線が走っており、かなり長い地下道になっています。

 

さらに、地下道の高さはかなり低く、

 

 

身長154cmの私と天井との差は、ほんの10cmくらい(下の写真をご覧ください)。男性は完全に下を向いて頭を低くして、歩いていました。

 

(気をつけないと頭をぶつけてしまいそうですが、洞窟を探検しているみたいでおもしろかったです)

 

地下道を抜けたら、次は、芝浦水再生センターのすぐ横を通る道を進みます。

 

 

ここでは山手線の内側の広さに相当する、約6,440ヘクタールの区域で使われた水をきれいにして再利用したり、東京湾へ放流しているとのこと。

延々と続く巨大なパイプは壮観で、一見の価値ありです。

 

品川駅の方に向かって歩いていくと見えてくるのが、こちらの建物です。

 

 

横から見た姿だけでわかったあなたは、私以上の建設好きに違いありません。答えは…明日のブログ記事で発表します!

あの建物・建設現場はどうなった?@日本橋浜町の建設現場

今日は、2019年9月のブログ記事でご紹介した建設現場(アボロン杭打機をご紹介させていただきました)の、その後の様子を調査しにいってきました。

 

当時は、地面いっぱいに敷板が敷き詰められていて、杭打機をはじめとした建設機械がたくさん置いてありました。

 

 

さて、半年ほどたった現在(2020年2月)、この建設現場はどうなっているのでしょうか?早速、建設現場のある日本橋浜町に向かいます。

 

現場には小ぶりのタワークレーンが設置され、足場が組まれていました。

 

 

中を覗いてみると、基礎の部分はすでにできていて、敷板が敷かれているのはまわりの砂利の部分だけのようです。

 

 

たった半年で、何もないところに建物の原型をつくれちゃうなんて、やはり、建設という技術はすごいですよね。

 

もうひとつ、近くに建設現場があり、実はこちらも経過を追っていたので、ご紹介させていただきますね。

 

まずは2019年6月に撮影した写真です。

 

 

地面を整えている段階なのでしょうか。ところどころ敷板が敷かれているだけです。

 

次は、半年後の2019年12月に撮影したもの。建物の基礎の部分を作っているようですね。

 

 

そしてこれが、2020年2月に撮影したもの。

 

 

地下の躯体がほぼ出来上がりつつあります。

大きな建設現場ではないとはいえ、たった3ヶ月でこんなにも変わるなんて、すごいですよね。建物がどんどん大きくなっていく姿を見られるのは、建設好きにはたまりません。

 

この2つの建設現場については、引き続き、経過を観察してご紹介させていただきたいと思います。完成まで追っていくので、お楽しみに!